So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エレクトロ/ダブステップ/テクノ ブログトップ
前の10件 | -

今日はクリスマスイヴ。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

g6hk6s キオクノオト 

KIOKUNOTE.jpg

 多分15年ぶりくらいにクリスマス・イヴに仕事を休みました。前にもどこかに書いたと思うけど、うちみたいなお店はクリスマスとは全くもって無縁、ということが昨年営業してみて分かったので今年は曜日まわりの都合上思い切って休んでみました。吉かどうかは分からない。「なんだよ、せっかくイヴはブーサンでチキンカレー食おうって彼女と話していたのに」という方が万が一いらしたらごめんなさい。申し出て頂けるのなら来年のイヴ営業を検討します。イヴの夜に最高の雰囲気とおもてなしで、激辛のチキンカレーとたっぷりの冷たい水をお出しできるようにガンバリマス、はい。

 結局いつもと変わらない定休日。いつものように近所の中華屋で回鍋肉定食を食べて、店の備品や食材の買い出し。でもいつもよりどこも混んでたな。スーパーもホームセンターも、そこに繋がる道路や駐車場まで何もかも混んでた。行く先々でちょっとづつ時間が余計にかかるので、帰りにケーキ屋にでも寄ってみようか、というアイディアもその後の仕込みの予定を考慮して16:00くらいの段階で断念。しかも、夕食は鍋と刺身をハイボール片手につついたので、結局最後の最後までクリスマス感ゼロ。うちの奥さんなんてタルトタタンの仕込みに疲れ果てて夜中の1時(今)に昼寝してます。まー、最初からクリスマスに対して全く気合いが入ってないからこんなことになるのだけど、ここまで何もしないと流石にこの時間、ショートケーキみたいなものが食べたくなってきた。こんな寒空にコンビニに走るのもなんだかな〜。これなら店を開けながら仕込みして、店のケーキでもつまみながらワインでも裏でコソコソやっていたほうがマシだったか。まー、また来年考えます。参考までに皆さんのご意見募集します。
 
 でも、アレだな、正月は楽しみなんです。これは毎年のこと。クリスマスより正月が好きだ。年賀状とか漫才ばっかりのテレビとか、黒豆とかなますとか、実家のこたつでグダグダしすぎて頭が痛くなる感じとかが割と好きだ。でも最近は初詣でおみくじをひかなくなった。ささやかな意地みたいなものを男は持つべきだと思っている。今から正月が楽しみであります。
 
 今年のcafe boosanは30日(火)まで普通に営業して12月31日(水)〜1月2日(金)と正月休みを頂きます。3日(土)は12:00頃から通常な感じで営業します。皆さん、ぜひ年末年始のcafe boosanにお立ち寄り下さいませ。タルトタタンでは若干ご迷惑をおかけするかもしれませんが、チキンカレーとたっぷりの冷たい水は間違いなく切らさずご用意してございます。

 今日の一枚は友人の佐野君のプロジェクト、キオクノオトの2nd(このブログ史上、初の再出です)。以下のリンクは先日行われた彼のソロライブの模様。アルバムより更にチルチルな音で、クリスマスの夜にピッタリでございます。では、また明日。お店でお会いできることを楽しみにしております。

https://www.youtube.com/watch?v=LW_rYWzWqQY&feature=youtu.be


boosan

秋の夜長に。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

TOMORROW`S MODERN BOXES トム・ヨーク


tomorrow`s modern boxes.png


またまたトム・ヨークのソロアルバム。
昨年AFPで出したばっかりで、
そのツアーもやっと終わった頃なんでないかと推測しますが、
早速新譜が届きました。
ファンとしては嬉しい限りであります。
いまノリにのってるんだろな〜。

近年のトム・ヨークの活動を見ているとそれほど驚くような突飛な音ではないけど、
(例のダビーでミニマルなダブステップ経由のエレクトロな感じね)
これまた大変素晴らしいアルバムでございます。
AFPの時がレッチリのフリーやナイジェルなんかと、
実験的で且つトライバルなダンスビートを全面に押し出していたのと対照的に、
今回はとっても内相的でこじんまりとした佇まい。
歌に焦点を当ててるのかな。
昨今JAMES BLAKEあたりのエレクトロなSSWがたくさん出ているけど、
そういう人たちに対してのトムなりの回答なんだろか。

そんでこのアルバムをこう命名してみる。
「ラップトップ系ダブチル的SSW」
JB周辺より大人でオシャレでクールなんだよな。
(かえって分かり辛いか。なんのこっちゃ:笑)


まあ、でもホント内容は素晴らしい。
この人はその作品のクオリティで絶対に我々を裏切らない。
いつも意表をつかれるので想像以上のものが出てくるけど、
今回は想像の延長上のイメージな音だとしても、
根幹のメロディを中心とした音楽が素晴らしいから、
どんなフォーマットで曲が構成されていてもちゃんとこちらの琴線に届いてしまう。


できれば、秋に夜長にちょっとだけ部屋の窓を開けて、
外の冷えた空気を感じながら小さな音でこのアルバムを楽しみたい。
まあ、そーだな、お酒はナンチャラのオン・ザ・ロックだな。


でもね、これは実は今のところAmazonでは購入できません(苦笑)
専用のダウンロードサイトのみの販売。
6ドルでした。
どうやら白い盤のアナログもでたみたいだけど、結構いい値段(笑)
先にダウンロード盤買ったらDLコードつきのアナログ盤を買う意味合いが・・・(泣)


まあつべこべ言わず、今夜もこれで一杯やることにします。



boosan




短パン。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

Jet Lag MIlosh

milosh.jpg


もうすっかり秋っぽいですね。
阿波踊り&お盆の熱い夏(の営業)が終わった途端、
気温はまーまー高いけど、街の空気はもう秋っぽいです。

徳島に移住してから夏はたいてい短パンで過ごしているのだけど、
もうすぐその短パン生活が終わるかと思うと寂しくて仕方ないです。
まー、9月くらいまでは結局履き続けるわけだけど、
長ズボンから短パンに衣替えする気持の良さに比べたら、
そろそろ長いの履かないかんなーと、
周囲の人の秋の装いをビクビクしながら
日々気にするのは相当に退屈でなのであります。


んで、夏の終わりはこんなレコードで。
去年Rhyeってめちゃくちゃ流行りましたよね。
ボクもその音楽の素晴らしさにヤられちゃった1人ですが、
これはその2人組の片割れの人のソロアルバム。
ていーか、もともとこっちが本職みたいだけどね。
ボーカルの人だからぱっと聴きRhyeと同じなんだけど、
1人でやってるから音は完全エレクトロ。
ディープ・アンビエント。
こっちがもっと良いですわー。
今の季節にぴったりです。
レコードで買ってもDLCはついてなかったから、
忙しい時でも頑張ってターンテーブルをまわしてますが、
1日何回も聴きたくなる滋味深いウルトラするめ盤なのであります。


今日は久々に美術館に行ったり温泉入ったり休日らしいことをしました。
帰ったらビール飲んでごろごろするんだ。



boosan



補:ボクはいまだにズボンを「パンツ」と言えない(笑)だって相当に恥ずかしいから。オシャレに精通している人なら良いがボクはそんなでもないし、なんか背伸びしてるみたいで。ボクには「ズボン」がやはりしっくり来る。年齢的にはその境界線が微妙な世代(な筈:笑)





あけましておめでとうございます。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

BURIAL(HDBCD001) BURIAL

burial hdbcd001.jpg

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
昨年はcafe boosanをたくさんかわいがって頂き本当にありがとうございました。
一年(厳密には10ヶ月)を通して
色んな方にご来店頂いて楽しく店を切盛りすることができました。
今年はメニューにしろ音楽にせよ、
もっともっと楽しんで頂けるように頑張りますです。
実はもう大したネタはないのですが(笑)、そこはまあなんとか、気合いで(笑)

それで、年末年始3日間程お休みを頂いたのですが、
それはそれは1年間相当緊張していたのか、
休んだ途端一気に気が抜けて、身体も頭も鉛のよう。
布団に潜り込んだらピクりとも動けなくなってしまいました。
地球のGってこんなに重かったっけ?

よく爆睡といいますが、おかげさまで近年に稀にみる爆裂睡眠をとることが出来ました。


で、最近寝る時はこれ。
ブリアルの1st。
僕はちょっと洒落っ気のある2ndより、
ひたすらに重くて冷たくてダークなこちらが好み。
なんか深〜い暗闇の底の方に放り込まれて、
身動きとれそうもないからもう寝るしかないなー、って感覚が気持ちいい(笑)


ま、どうでもいい感じですが、今年1年のスタートは凄くたくさん「寝た」という話で(笑)


今年も一年どうかよろしくお願いいたします。



boosan




とりとめもない年末の独り言。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

JAMES BLAKE James Blake

james blake.jpg

今年もいよいよあともう少し。
本当にこの1年は色んな方にお世話になりました。
皆さん、本当にありがとうございます。
おかげさまで、cafe boosanの開業から約10ヶ月、
とても濃密な仕事をさせて頂いたなーと、
感謝の気持ちで一杯でございます。

少しだけこのブログに関して触れると、
始めたのはちょうどあの大きな震災の直後。
やっぱりあのとき色々思うことがあって、
稚拙でも何でも自分の頭や心にあることは、
ある程度発していかないと後々後悔するだろなーと思ったのです。
きっかけの割に、全然社会の役に立たないことがちょっと???ではありますが、
まあ、個人の精神衛生管理という意味で。

まあ、僕の発することなんて、好きな音楽の痴話話をあーでもない、こーでもないと
飯を食ったりや酒を飲みながらグダグダグダる程度のものですが、
意外と本人にとっては結構ハードルの高いもの。
誰が見てるか分からないブログなんてものを始めるには
そこで使う言葉とか、内容のイケテル/イケテナイをずいぶんと考え込んだものです。
それでも、やってみると意外と多くの方が見てくださるのを素直に喜んで、
結構調子に乗ったり、悦に入ってみたりして。
時に作家張りにネタに悩んでみたり(笑)、
定期的に完全に飽きてサボってみたり(笑笑)。
でも、まあ、なんというか良い刺激というか生活の1番のスパイスになりました。

さて、そんなブログの更新もすっかりおざなりにしてきたここ数ヶ月ですが、
それはそう、なんせ音楽のお店を始めて1日中好きな音楽を大きな音で聴ける訳ですから、
それで満足して言いたい痴話話も浮かばん、ってな感じなのです。
お店で結構色んな方と音楽の話するしね。満足満足。


でもね、や、やります(笑)。
たまに猛烈に書きたいことがあります。


それはjames blakeのこのアルバムがとても素晴らしい、ということ。
というか、うちの店にその内容がピッタリだということ。
これ、エエとこの坊ちゃん的なルックスが気に入らなかったが故に、
食わず嫌いで約2年放置してましたが、またやってしまった・・・。
やっぱり若い人の音楽は凄いなーと思う訳です。
こんなのないわ。


ミニマルでダビーなブルーアイド・ソウル。
今の時代のSSW。


結局ボキャブラリーの乏しさであんまり書けないけど(笑)


というわけで、また、マイペースにやっていきまーす。



boosan










おお!! [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

nyc stuff and nyc bags ep Vondelpark

vodelpark 12inch ep.jpg

最近気が狂ったように(笑)リピートしている1枚。
これ、メチャクチャ良いです。

なにが良いって、ホントいい感じの脱力グルーヴというか
ありそうでないヒンヤリ&ドリーミーな
エレクトロでしかも、生音な気持ちいー音。
これ、ホント凄いです。

この音楽を的確に説明するボキャブラリーを持ち合わせていないことが
残念で仕方ないのですが、
クラブでテクノやダブステップ、エレクトロニカなんかを体験した若い世代が
ギターとシンセとサンプラーを持ったらこんなバンドになりました、
というような感じ。

ひたすらに同じメロディを繰り返す、
ちょっとソウルフル(軽めの)なヴォーカルと、
これまたひたすらに繰り返すドラムパターンと、
浮遊感処理たっぷりのギターとシンセ。

そう、とにかくひたすらに繰り返す感じが格好良過ぎます。


まあ、YOUTUBEでガンガンアップされているから、
それを聴いてもらえば話は早いのですが、
(すみません、いまだにYOUTUBEのブログ貼付けが分からないでいます。誰か教えて。)
なんとか説明しようとするとそんな感じ。

今うちの店ではこれしかかかってません(笑)


強く思うことは、若い人の音楽をちゃんと聴いてないとダメ、ということ。
やっぱり新しいものは若い人から産まれる。
少々ぎこちなくても、その方がかっこう良かったりする。
細かいこと抜きにただただ音の渦に埋もれたい。


そんなふーに思います。


久々の会心の一撃!!


興味のある方はぜひ!!!



boosan



追:これは12インチのepですが、
今年出た1stアルバムはもうちょっとバンド寄りのサウンド。
そっちも良いですよ。






12月初更新。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

Los Angeles フライング・ロータス

los angeles.jpg


すっかりご無沙汰しておりました。
12月は色んなことがあってなかなか忙しいですね。
今日は午前中健康診断を受けて、
午後はタマネギカット&1人ダビータイム(笑)な
休日です。

久しぶりの1枚はジョン&アリス・コルトレーンを親戚に持つ
フライング・ロータスのちょっと前のアルバム。
これ結構良いです。
ユルくて太〜いリズムが50分くらい延々と鳴り続く
適度な音圧と適度なスピード感が気持ちいー1枚なのです。

全編デジタルな音像の中にあっても、
肉感的なアフリカンビートがドゥンドゥンいうのは
やはりコルトレーン一族のなせる技か。

最近こーいうのばかり聴いてるな。
僕にとってはジャズと大して変わらんのですが、
世の中的には俗にいうクラブミュージックと呼ばれてるヤツです。

最近はデジタルな音楽で、
静かなヤツ。
音数の少ないヤツ。
ヴォリュームが小さくてもイケるヤツ。
ミニマルなヤツ。
なんか大人な感じのヤツ。

そんなのが結構楽しいのです。


最近たくさんCD&レコード買ったから頑張ってもう少しブログ書こうっと。



頑張りまーす(笑)



boosan




祝、来日。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

THE ERASER RMXS  トム・ヨーク

thom yorke the eraser rmx.jpg

トム・ヨーク率いるATOMS FOR PEACEが昨日から来日している(はず)。
今年一番見たかったライブだけど、
あれこれ店のこととか考えて結局あきらめました。
残念で仕方ないです(泣)
(今日は確かZEPP難波かな・・・)

このアルバムはソロアルバムの「THE ERASER」を、
いろんな人がよってたかってリミックスしまくるという企画もの。
でもまあ、これがむちゃくちゃいい感じなんす。

でも、実は出た当初はあまりピンこなかったんだよな。
オリジナルもリミックス盤も。
当時は気分でなかったんだよなー。
何年か放置して久しぶりに聴いてみたらどちらも、
それはそれはいい感じに熟成してました。


YOUTUBEとか見てると、
こんなエレクトロなサウンドをアコースティックでカバーしている人がたくさんいて、
それがどれもこれもいい感じ。

例えば、↓
http://www.youtube.com/watch?v=xGerD-mJDrs
とか、
http://www.youtube.com/watch?v=9Q-R6eoT2a0
とか。
こんな感じ。


やっぱり原曲が良いんだな。
もちろんカバーしている人のセンスが1番なのだけど、
どんなアレンジでも全然メロディが壊れないし、
また新しい感覚で聴けてとても楽しい。


このリミックス盤は割とハードめな(図太いビートを強調したり)アレンジを
施されているものが殆どだけど、どれも原曲と同等以上の良さがありますです。


一枚のソロアルバムから豪華メンバーによるリミックス盤が出て、
さらにデジタルな楽曲を生演奏する為のバンドが生まれたり(ATOMS FOR PEACEのこと)
かれこれ元のオリジナル盤が発売されて7年くらい経つというのに、
自分の作品を全然飽きずに突き詰めていくトム・ヨークのミュージシャンシップには、
脱帽というほかありません。


45歳とは思えぬあの独自のダンスも凄過ぎてビックリ(笑)
(一緒にやってるフリーは今年51歳だとか。信じられない身のこなし:笑×2)


まあそんな訳で、見に行けない悔しさを
定休日の店のカウンターに座りながら爆音でこの電子音を聴きながら
コーヒー飲みながら「むふっ」っとしてるのです。


どぉどぉどぉどぉどぉ・・・・♫




boosan

The Best Record of This Year!!! [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

AMOK Atoms For Peace

atoms for peace amok.jpg


今日あたりはすっかり秋、って感じですね。
そろそろ10月。
あっとゆーまに1年が終わろうしてる感じがします。

今年は僕にとってはもちろんビッグ・イヤー。
まだよちよち歩きですが、取りあえず自分の店が半年生抜いています(笑)
人生分からんもんです。

で、ホントはジャズがかかる店を、と思って始めたこの店。
最近ジャズは1日の半分くらいに縮小(笑)
代わりにいろんなジャンルの音楽をかけますが、
店がオープンして以来、一番聴いたレコードがこれ。

素晴らし過ぎます。


トム・ヨークにレッチリのフリー、そんでナイジェル・ゴッドリッチって、
名前だけど聞くとお腹いっぱいな感じですが、
音楽そのものは極めて新しい。
ジャズやロックが好きなオッサンが
のめり込むことができるダンス・ミュージック。
あーこりゃ、ホントに凄い。


ちなみに僕が買ったのは45回転のアナログ版。
音が素晴らしい。


もう決めました。
2013年の1番はこのアルバム!



boosan


追:ジャケはイマイチ趣味でないけど・・・(笑)

温かい電子音。 [エレクトロ/ダブステップ/テクノ]

THERE IS LOVE IN YOU フォーテット

there is love in you.jpg


今日アマゾンから届きました。
アナログ2枚組。
最近のレコードにはMP3のダウンロードチケットが封入されていて、
アルバム丸ごとデジタル盤を入手できることが多いです。
これはなかなか嬉しいオマケ。

ちゃんと聴きたい時はターンテーブルにのせて針を落とすし、
ランチ時や洗いもんが溜まった時はMacから直接アンプに通します。


最近改めて聴いているフォーテット。
プリミティブなビートのループに生音っぽいシンプルなサンプルの調べ。
凄くかっこいいっす。
攻撃的でもなくヒーリングでもなく、
何となく静かに1人踊りたくなるダンス・ビート。


まあ、暗い音楽ですが(笑)僕にはちょうどいい(笑)


最近はこの手の音にハマっています。


カレーのBGMに適した音楽とは思えませんが、
しばらく個人的なブームが続きそうなので、
大変申し訳ありませんが、しばしお付き合いくださいませ(笑)



それにしても、温かい電子音だ。




boosan
前の10件 | - エレクトロ/ダブステップ/テクノ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。