So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

たまには映画も良いものです。 [映画]

BAGDAD CAFE バグダッド・カフェ

bagdad cafe.jpg

僕は、そもそもあまり映画を見ません。
だから「映画、何好き?」と聞かれると凄く困る。
だって、好きだと言えるものがほとんどないから。

別に何を見てもつまらないというわけではない。
2時間なら2時間、静かに座って同じ場所でじっとしてないといけないのがちとツラいのです。
特に映画館はノーです。
まだ、家でDVDを見る分には自分のペースで一時停止して足腰伸ばしたり、
飽きれば途中でやめてしまえば良いけれど、
映画館だとそうはいかない。
途中でトイレに行こうものなら何となく白い目で見られる感じがあるし、
ウトウトして軽く鼾でもかこうものなら・・・。
あとは、足が伸ばせないのも身体の硬い僕には結構死活問題。
まあ、いつもそんなことを気にしながら映画館に行くわけではないけど、
1,800円払って色々気にすることが多いのなら、
その分レコードかCDでも買って、家でカレーでも作りながら、
鼻歌でも交えながら音楽を聴いている方が楽しい。
仮にDVDだとしてもいつでも見直せる、と映画館より気楽な分、
最後まで見通すことも最近はめっきり減っている。
大概途中で眠ってしまっている。
つまりは映画の2時間を感性を集中させてじっとしている、
といった情緒は持ち合わせていないのです。


でも、この「バグダット・カフェ」は面白かった。
若い頃見た時は例によってじっとしているのが嫌で、
しかも静か〜で淡々とした感じにすぐ飽きてしまった。

でも、先日BSで放映していた分を録画して改めて見てみた。
予想通り途中で眠くなったけど、見終わる頃には不思議と元気になった。
あの太っちょの女主人公が凄く可愛らしかった。
何だかほっこりしました。


そもそも、ホリー・コールの「CALLING YOU」を聴いたからこの映画のことを
久しぶりに思い出したのだけど、曲以上に素晴らしい内容の映画でした。



「CALLING YOU」は本家より、ホリー・コールのが良かったかな。




カミヤマ




音楽(ジャズ) ブログランキングへ




ちょっと辛い映画です。 [映画]

ROUND MIDNIGHT デクスター・ゴードン

round midnight.jpg

何だか見ていてただただ辛くなる映画です。
錚々たるジャズマンの顔ぶれもこの重苦しい雰囲気の中では、
折角の出演がもったいないなーと感じてしまう。
どうせなら、もう少し味わい深い役なり演技なりを
この錚々たる顔ぶれにさせてあげて欲しかった。
その上肝心な劇中の演奏も、それほどホットな感じもしなかったし。
以上は、ストーリーが退屈過ぎるから故に感じたことでした。
(ホントはこのメンバーが映画に出演しているというだけで驚きなのですが)

まあ、それでも、ヨレヨレなデックスの渾身のテナーを聴いてるといると
こういう薄暗い画面から聴こえてくるパリのジャズに、
50年代のジャズの本質的な部分が描かれているようにも感じましたし、
その時代に憧れを持つ者としては不思議とワクワクしました。
デックスの演奏は全盛期にはほど遠いけど・・・
でも、まあ、かっこう良いな。



もう一回見てみようかな・・・。
もうちょっと印象変わるかな。


全部見るのはなかなかしんどい映画だけど。




カミヤマ




音楽(ジャズ) ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。