So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
昔のジャズ ブログトップ
前の10件 | -

ちと・・・。 [昔のジャズ]

Jazz In Silhouette サン・ラ & ヒズ・アーケストラ

sun ra and his arkestra.jpg

こんなジャケットでなければもっと聴くのにな(笑)
「先入観」とか「食わず嫌い」とかの典型がサン・ラ。

でも結構良いです。
このアルバム。
古い映画のサントラみたいだし、
今の感覚だと別に「ふつー」よね。

でもアルバム通して聴くとちと辛い(笑)
ちと疲れる。
かっこいいけど心地よくない(笑)
それがサン・ラたる所以か。


まあ、いいや。今ノーゲスだしもうしばらく聴いてみよ。



boosan

でしょ? [昔のジャズ]

Au Club St. Germain 1958 アート・ブレーキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

art blakey et les jazz messengers.jpg

やっぱりJMは良いよな。
かっこええ。

このレコードの生々しさったら。
録音が「オン」過ぎる感じがたまりません。

結局この時期のJMのメンバーが最高かな。
モーガンにゴルソンにティモンズ。
真っ黒なこのファンキーな感じが「ベタ」でいい。

そう僕はジャズの「ベタ」な感じが好き。
「モーニン」を演るJMが好き。


みんな、ホントはそう思ってるんでしょ?(笑)




boosan

最近はトロンボーンが気分です。 [昔のジャズ]

STAN GETZ AND J.J.JOHNSON AT THE OPERA HOUSE
スタン・ゲッツ、J.J.ジョンソン

stan getz and and j.j.johnson at the opera house.jpg

最近はやけにトロンボーンが聴きたくなる。
しかもフラーよりJ.J.が今の気分。

ここでのJ.J.は本当に凄い。
「トランペットか?」と思うような歯切れの良さ。
強烈にタイトなリズム感。
あまりのテンポの良さにトロンボーンであることを忘れてしまいます。

で、ゲッツの方も音の滑らかさやスイング感もいつも通り素晴らしいし、
ここでは結構熱い。
この二人が同時にフロント、というだけで聴く側も気合いが入ります。


でも、実はその良さを分かるようになったのはつい最近。
この達人二人が交互に吹きまくると耳が慣れていない頃は正直辛かった。

ついていけない・・・。



最近は大丈夫ですぜ。
ちゃんと聴けるようになりました。


ふぅー。
すげーなー。




カミヤマ




音楽(ジャズ) ブログランキングへ




ジャケットは大事です2。 [昔のジャズ]

I GET A BOOT OUT OF YOU マーティ・ペイチ

marty paich i got a boot out of you.jpg

これだけ強烈なインパクトを放つジャケットだと、
中身の音楽に全く興味が湧きません。

男であれば当然この手のジャケットが楽しくない訳がないのですが、
どうしても中身の音楽とのギャップ、というか関連性について釈然としないというか、
「何でこのジャケなんだろう?」と疑問に思ってしまう。
肝心の中身はといえば、例の 「踊り子」と同様に多人数の楽団編成。
マーティ・ペイチの面白さは、多人数の割に個々のミュージシャンにスポットを当てた
絶妙なアレンジにあるのですが、
このアルバムでも、そこが聴いていて楽しいのです。
ペッパーのアルトは流石です。


でも・・・

まあ、そんなことどうでもいいかな・・・、と(笑)。

そんなことより、このジャケットのシチュエーションについて想いを巡らせる訳です。

「どうしたら女性のこのようなシーンに遭遇するのか?」
よくよく考えれば不自然なヌードな訳です。
外国のシャワールームの作りはよく分かりませんが、
この中途半端な曇りガラスは何?何のためのもの?
そんでもって、少なくともタオルに「his」はあり得ない。
誰が用意したタオルなの?

こういうちょっと人を食ったしょうもないセンスが
そのままジャケットになるのだから何とも楽しい。

滅多にこういうジャケットには出会えないですね。

今も昔も女性ジャズシンガーのジャケットはセクシーさを売りにしたものが多いですが、
それは大抵本人そのもの。それはそれでもちろん素晴らしい。
(それに吊られて購入してしまうことも多々です・・・笑)

でも、この「関係なくね?」なジャケットセンス。
笑ってしまいます。そして妙な愛着を覚えるのです。


再発の紙ジャケCDでしか持っていないのですが、
是非レコードを手に入れたい。


う〜ん、ロマンですな。




カミヤマ





音楽(ジャズ) ブログランキングへ



夜行バス3 [昔のジャズ]

Music,Martinis, and Memories ジャッキー・グリーソン

jackie gleason.jpg


全く情けない話ですがジャズを全然知らなかった頃、
このアルバムの女性に惹かれ訳も分からず購入。
いわゆるジャケ買い。
「これだけ美しい女性のヴォーカルなら、さぞ良いアルバムだろう」と早合点し、
家に帰ってがっかりした思い出があります。

歌が入ってねーじゃねーか・・・。

よくよく見れば、この女性が誰かなんてどこにも書いていないし、
そもそもジャッキーって男の名前ですよね・・・。



それ以来全く聴いていませんでしたが、
最近やっとその良さに開眼。
ハードにスイングするジャズや、新主流派以降のやや前衛なジャズに浸かっていると、
こういう何でもないムード・ミュージックが新鮮に響きます。
全曲スタンダードだから耳馴染みが良いのは当然だけど、
ボビー・ハケットのトランペットがとにかく良い。染みる。
小細工なしにただひたすら真正面から「歌う」ことに専念したトランペットは、
普段難しくなりがちなジャズ頭を柔らかくしてくれる癒しのトーンなのです。



今朝、夜行バスを降りて早朝の新宿に放り出された時、
イヤホンからはこのアルバムでした。
車内であまりうまく寝付けなかったのですが、
ちょうどその時間は心地よい睡魔に襲われる頃。
ふらふらしながら家路に着く快感とともに今回の旅は終了。


あー、改めて、お疲れさまでした。
おやすみなさい。




カミヤマ





音楽(ジャズ) ブログランキングへ



イングランド [昔のジャズ]

■TUBBY`S GROOVE タビー・ヘイズ・カルテット

TUBBY`S GROOVE.jpg

今朝は3時に起きてイングランド×イタリアの試合、
つい見てしまいました。
もちろん応援するはイングランド。

負けてしまいましたね。
残念。

僕は特にサッカーに詳しいわけではないのですが、
国際大会やヨーロッパのクラブの試合は結構見てしまいます。
最近は日本人選手の活躍もあるし。
まあ、酷くミーハーなサッカーファンです。

イングランドを応援しているのは、単純に少しばかりロンドンに住んだことがあるから。
ただそれだけ。
でもそんな理由であっても、ファンになればどんな時でもチームの動向が気になるわけで、
今回はあまりの下馬評の低さにどうなることかと心配しましたが、
よくぞここまで頑張ってくれたなー、というのが正直な感想です。
だって、結局本試合では一度も負けなかったわけだし、
全然攻められない代わりにあの徹底した守備は、何かチームの結束感じたな。
ジェラードなんて最後はほんとにボロボロでしたね。
本当にお疲れさまでした。
いい夢見させてもらいました。

僕も夜中にもそもそと起きだして、朝6時半まで意識朦朧としたまま(あまりの眠さに)
見ていたので、終わった頃にはフラフラでした。
そんな眠気の中聴いたタビー・ヘイズ。
朝6時半にジャズを聴くって僕の生活からするとまずあり得ないのですが、
ヘロヘロの頭にヘイズのテナーはバッチリ気持ち良かったなー。

早朝の英国の哀愁。


イングランドが国際大会で優勝するのは一体にいつになるのだろう。

生きているうちにあるかなー。



カミヤマ





音楽(ジャズ) ブログランキングへ

Goin` Home [昔のジャズ]

■The Three Faces of Yusef Lateef ユーゼフ・ラティーフ

three faces of yusef lateef.jpg

今日は朝からバタバタしておりました。
明日は「母の日」。
30kmほど離れて暮らす我が母上に日々の慰労と感謝を込めて、
ちょっとした食事の準備。

年甲斐もなく脂っこいものを好むので、
得意の大ざっぱ料理、「ラザニア」を献上予定。
その下ごしらえをしてました。

今回はスペシャルです。
特別にベシャメル・ソース(ホワイトソース)を手作りで。

やっぱ出来合のものより手作りの方が旨いですね。
ただそんなに難しくない代わりに結構疲れます、はい。

他にはにんにくの効いたエビ・バターを作ったので、
(これはうちの奥さんに作り方教えてもらった)
これはバゲットに塗って食べます。
後は安赤ワインと安ミモレット。
昨夜は奥さんがチョコレートケーキを作ってくれたので、
デザートもバッチリ。

あとは現地(実家)にオーブン皿やら食材やらを持ち込んで調理実演。
なかなか親孝行ではないですか。
うちは花より団子、ということで。


そんな訳で今聴いているのは、ユーゼフ・ラティーフの「家路」。
こんなほのぼのした曲までジャズになってしまうのですね。
普段は全く聴く気にならないけど、たまには良いです。


それにしても、年寄りにバター使い過ぎだな・・・




カミヤマ






わぉっ!! [昔のジャズ]

■JAZZ IN CAMERA ドナルド・バード&バルネ・ウィラン

DONALD BYRD & BARNEY WILEN.jpg

いやー、凄い音源ですね。
か、かっこういい。

最近、50年代のパリ録音を好んで聴いているのですが、
この未発表サントラ盤はその中でもちょっと異質な感じ。

そもそもこの音源自体が映画のための音楽で、
先に音を作ってからその製作風景を映像に取り込む、
といった趣旨のものらしいのですが、その後なんやかやでお蔵入りしてしまったそうです。
当時のヌーヴェルヴァーグといえば、
ゴダールなんかのちょっと意味の分かりづらい無機質で叙情性を排した
新進気鋭な映画のことなんでしょうけど、
この猛烈に熱いハードバップをそういった非情緒的な映画とマッチさせようというところが
対照的な発想で面白いですね。

それにしても、ここでのバードは凄い。
こんなにハイトーン・ヒッターだったかな?というくらい熱いトランペット。
ガサガサとした音質も手伝って異様なテンションの高さを感じます。

これといった曲を演奏するのではなく、
殆ど一定のモチーフからのインプロヴァイぜーションで構成された内容。

そのモチーフは「チュニジアの夜」。

最初から最後までずっと「チュニジアの夜」を聴いているような感じですが、
めちゃくちゃかっこういいですよ。


おすすめです。




カミヤマ

人に優しく [昔のジャズ]

■GRAND ENCOUNTER ジョン・ルイス、パーシー・ヒース、ビル・パーキンス、チコ・ハミルトン、ジム・ホール

grand encounter.jpg

今日で震災から1年。
あっという間でした。

自分の中で何かが変わったかどうか
正直なところ定かではありませんが、
少なくとも、

「人に優しく」

ありたいな、と思うようになりました。

家族や友人はもちろんのことですが、
通りすがりの人でさえ出来ることなら笑顔ですれ違いたい・・・。

そう、強く思います。


僕には大そうなことはできませんが、
いつも皆がにこやかに肩を寄せて暮らせるよう
強く穏やかな心を持って生きていきたいと思います。


優しい気持ちは優しい音楽とともに。



カミヤマ



男前のジャズ [昔のジャズ]

■`JAZZ QUINTET-60` ジャズ・クインテット60

JAZZ QUINTET 60.jpg

ヨーロッパのジャズは意識してないとつい見過ごしてしまいがちですが、
こういう素晴らしく男前なアルバムを聴くたびに
ちゃんと追ってないといかんなあと反省するわけです。

ジャズのハードボイルドな部分を凝縮したようなアルバムで
小細工も強烈な個性もない代わりに、
素晴らしいバンドアンサンブルが楽しめます。

それほどたくさんヨーロッパのジャズを聴いた訳ではないので
とても偉そうなことは語れませんが、
ニューヨークのジャズとは違った別のシックさがあって、どこかイケメン風。
乱れた髪はすぐにお櫛で整えるダンディなジャズ。

哀愁を奏でるヨーロッパジャズ。
歌心溢れるストレートなアラン・ボッチンスキーのトランペットは
どこまでも知的で熱い正統派です。


今夜のウイスキーのお供に。




カミヤマ
前の10件 | - 昔のジャズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。