So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ノエル・ギャラガーみたいにお願いします。 [ロック]

■Definitely Maybe オアシス

oasis definitely maybe.jpg

 新年はなんだかオアシスな気分が続いています。年始に伸びに伸びきった髪の毛をいよいよバッサリ切りたくなりどうしようかと思案していたところ、たまたまオアシスの解散間際の映像をYouTubeで見ていて、なんとなく次は「ノエルだな」と思ってしまったのであります。翌日、馴染みの美容室でのオーダーはそのまま「ノエル・ギャラガーみたいにしてください」と注文。一瞬固まった美容師さんの反応を僕は見逃しませんでしたが、さすがはプロ。多くの素材(僕の容姿)の問題を抱えながらも見事に「ノエル風」にしてくださったのあります。僕にとっては「髪を切る」という行為は、半ば「刈り上げをする」と理解していた40数年でしたので、生まれて初めて刈り上げないというちょっと「贅沢な」オーダーはなかなかに緊張感のあるものでした。

 オアシスの映像を見ていたのは、来月知人の結婚パーティで一曲頼むよとお達しを頂いていたので、何の曲にしようかと考えていたところ、やはりピースフルなあの名曲(Don`t Look In Back In Anger)が良いのではないかと、全く時代の潮流を無視した懐古趣味丸出しのしかも超ベタ、というおじさんの小さな楽しみが故だったのですが、なんだか改めて良いっすね、オアシス。

 そんな新年なので来る日来る日も昔のアルバムを引っ張り出しては、朝の仕込み中や閉店後の掃除タイムに爆音でロックンロールなのですが、若いころ聴いてた頃より何だか良いのだよなあ。シンプルな演奏とこれ以上ない完璧なメロディ。こちらが「くるぞくるぞ」と期待いっぱいで構えていると予想通りの大泣きの大サビ。もう、「わわぁーっ」ってなっちゃう。音楽ってこれっすよね。難しいこと言わないでさ、大きい声で歌ってりゃ良いじゃん、的な。


 "I need be myself. I can`t be no one else.
  I`m feelin supersonic, give me gin and tonic"

 この1stアルバム収録の「Supersonic」の出だしの一節。この歌詞が好きなんです。

「俺は俺でなきゃならない。他の誰にもなれやしないさ・・・」

 
 僕が長年刈り上げ(もしくは坊主)にしていたのは他でもないそのかなりハードな「天パ」のせいで、それを隠したいがためにずっーっと短く刈り込んでおりました。(これ、本人にとっては深刻ですよ。なんせ天パなだけで小さい頃は苛められるのだから。これ本当の話)それがもういいかげんいい歳のオッさんになって天パだなんだを気にしてるのもアホらしくなり、また最近は髪質も幸か不幸かどんどん柔らかくなり、若い頃のような剛毛にならなくて済んでいるのであります。「このまま天パでいいか」とオッさんは思うようになったのであります。

「俺は俺でなきゃならない。他の誰にもなれやしないさ・・・」



 ちなみにご本人はこんな感じ。ソロになってからの大人っぽい「Supersonic」を弾き語りしているところ。かっこいいっすね。この人、若い頃より今の方が断然かっこいい。


 まあ、しかしながら髪を切って数日経った今の僕はといえば、ノエル・ギャラガーというよりはどちらかというと、天気予報が得意な元都知事のご子息のような感じに仕上がってます(笑)やはり素材の壁は厚かった(笑)

 

 今日はいつもに増して何も内容がありませんね。本当にすみません。そんな1月のグダグタな午後でありました。タルトタタン今日も明日もありますよー。


boosan


冷えますね。 [フォーク/ソフトロック]

■THE REAL ROYAL ALBERT HALL 1966 CONCERT ボブ・ディラン

BD royal albert hall 1966.jpg

 皆様、お久しぶりでございます。cafe boosan店主でございます。あー、結局これが新年最初のブログ更新となりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末年始と柄にもなく大変忙しくさせていただき、更に柄にもなく風邪を少々こじらせてしまって、仕事が終われば極力無駄な動作はせず(下手なギターを弾いたり、SNSをこまめにチェックしたり)、早々に帰宅して風呂入って即就寝、という生活をしておりました。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。 
 現在は、風邪はすっかり治り年末年始の疲れもようやく癒え始めたところでありますが、そんな折に今日のこの大寒波です。参りました。やっと仕事も正常に頑張れるという矢先にこの天気。まービックリするくらい暇な1日でございます。全国的には雪の心配が尽きない週末ですね。ここ徳島市は太平洋側の比較的温暖な土地柄なせいかさっきちょこっとぱらついた程度ですが、その「ちょこっと」でも慣れない我々には結構堪えます。夜は更に冷えますから皆様におかれましては、家でこたつを囲みながら鍋でも突いて一杯、といったところですね。いいなー。くれぐれも温かくしてお過ごし下さい。

 まあ、そんな1日ですので流石にするべきことが尽き、筆不精の私もパソコンの前に座っているわけですが、聴いてるレコードはボブ・デイランの「本物」のロイヤルアルバートホール。年末から何回聴いたか分からない超ヘヴィロテ・レコードであります。お店にお出での皆さんも「またかよ・・・」と思ってるかな。まあ、すごくいいのですよ。もう説明出来ないくらい良いですよ。何人かの若い女性のお客様からは「初めてボブ・ディラン聴いて感動した」的なお言葉も頂きました。スタジオ録音盤にはない異様なまでの熱気と気迫。特に後半のエレクトリックサイドはもうハチャメチャ。でもそのハチャメチャがザクザク胸にキます。

 ーロックっつうのはマイク持って絶叫したらそれだけで成立するんだなー

 単純にして明快。僕のこのレコードの感想であります(笑)どうか、皆さん聴いてみてください。

これは前半のハイライト、アコギ一本の「ミスター・タンブリングマン」。同じヨーロッパツアーの映像。



 あ、来週タルトタタンをご用意できると思います!ささやかな告知。



boosan

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。