So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月の終わり。 [ロック]

■MOONDANCE ヴァン・モリソン

moondance.jpg

 9月もそろそろ終わりですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。ここに来て急に暑さがぶり返して嫌になりますね。今年の夏は身体が少々堪えてます。先週の台風もすごかった。早く涼しくなーれ。
 そんなこんな(どんな?)の9月も終わり、海の向こうのマーリンズではエラいことが起きてしまって個人的には消沈気味ですが、まあなんとか無事に「魔」の9月を乗り切れそうなので、ほんの少しホッとしてます。自分が元気であることに感謝です。
 
 今は店内とても静かです。明日の仕込みも終わり、「さあ、これから夜の営業だ!」と思ったらお客様は一人も来ずという弊店得意のパターンでございます。ここから延々と続く陸の孤島状態に突入するわけですが、だいたいそういう時は音楽もなかなかどうしたものか何を聴いていいか分からなくなるもの。でも、そういう時はヴァン・モリソン、ヴァンモリ兄さんを聴いて平静を保つのです。決して悪い意味でなくで困ったら兄さんの音楽を聴けば何とかなる。「何がどうなるのか?」と聞かれればそれはまあ困るだけなのですが、ヴァンモリ兄さんの普遍性というか頼りがいのある感じというか、心の置き場をどうしたらいいか分からなくなった時こそ彼の音楽が心に響くのです。まあ、僕以外の皆さんにはどうでもいいことですね。店内誰もいないのだから(うちの奥さんはいますが)、何がかかっていても問題は全くナシ。ただこのことは結構重要なことですので、ひっそり皆さんにお教えします。素敵な音楽なのだから。

 さあ、もう少しだけボリュームを上げて鑑賞します。できるだけ早い段階で孤島に橋がかかることを祈って(笑)。


boosan


良盤発掘。 [最近のジャズ・ギター]

■The New Breed ジェフ・パーカー

jeff parker the new breed.jpg

 久しぶりの更新となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。あっという間に夏が終わろうとしてます。今年の夏はホント暑かった。お会いする皆さんも、口々に「今年は暑い」、「ことしゃぁあちぃ」。今僕はグッタリです。阿波踊りもオリンピックもほとんど見ることもなくただただ毎日暑さの中、がむしゃらに働いておりました。当然こんな稚ブログのことは完全に忘れておりました。で、8月も終わり少しだけ秋っぽい風が吹き始めたここ数日、ようやく正気を取り戻した...まあ、少々大げさですがそんな感じの心境でございます。ここまで、200数文字使って結局「暑い」としか言ってないですが...(笑)

 今年の秋は新作がうしゃしゃです。もうすぐウイルコも出るし、ティーンエイジ・ファンクラブも随分久しぶり。10月には我が愛しのノラ・ジョーンズもジャジーになって帰ってきます。ネルス・クラインは素晴らしいオケ付きのジャズギターアルバムを出してくれたし、夏の終わりになって急に活気付いてきました。いい感じです。

 そんな中最近発見したこちらの新譜。トータスのギタリスト、ジェフ・パーカーの6月に出たソロ・アルバムです。すごくいいです。とても好みのサウンド。もともとトータスの中でも燻し銀な渋さがなんとも言えずかっこいい佇まいの方ですが、アルバムもそれはそれはもう渋い。といっても、ジャズギターにありがちなムーディでロマンチックなサウンドなわけでなく、ひたすらにプリミティヴでヘヴィに刻まれるビートの上に、フリーキーでメロディックな本人のギター、それにサックス、シンセが絶妙に絡むわけです。いい意味でやっぱりトータスのメンバーなんだよなあと思わせる納得のサウンド。それにしてもこのビート感はホントかっこいいよなぁ。なんせ洒落てるんです。静か〜に一人で踊りたくなる大人のダウンビート。

 先日アメリカのヴェンダーにアナログ盤をポチったので多分月末くらいの店着になるかと思われますが、到着次第相当な頻度で店でかかることになりそうです。ぜひ一度聴いてみてください。今はApple Musicで聴いてます。 

 
 今日はこれから休みの日課の整体です。最近普段あまり使わない左肩が痛いので、先生に「これって40肩ですかね」って聞いたら「そうです」とのこと。プロの認定をいただきました。なかなかしつこくやっかいですね。でも、まあ僕も大人の仲間入りということ。「40肩の子供」なんてあり得ませんもんね。

 そんなこんなでちょっとだけ涼しくなってきたので、また気が向いたらこのブログも更新しますー。



boosan

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。