So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

風街レジェンドを見ました。 [イベント]

■風街レジェンド2015

IMG_4990.JPG
(開演前のステージと当日配られたチラシ)

 8月21日金曜日、松本隆作詞活動45周年記念イベント「風街レジェンド」を見に行ってきました。とても感動しました。久しぶりです、こんなに素晴らしいコンサートは。トータル4時間。ほとんどの場面を涙で曇って靄がかった残像でしか覚えていないのですが、この素晴らしい体験を忘れたくないので備忘録的にブログに残しておきたいと思います。なのでこれを読んでくださる方々へ、というよりは自分のための文章ですので、とっちらかったりする感じも、錚々たるミュージシャンを説明にするにあたって敬称を敢えてつけないのも、自分の感じたままをそのままアップしたいと思うからのことなので、その辺は悪しからずです。

(有名ミュージシャンへの敬称についてはいつも悩みます。なんだか呼び捨てでこういうブログに書いたりするとすごく生意気な感じがするよなぁと思いながらも、別に知り合いなわけではないので、むやみに「〜さん」と呼ぶのは余計失礼かなぁとか。やはり僕は普通の一般人なので、テレビやラジオで見たり聴いたるするミュージシャンを「敬称なし」で会話するのが普通なことなので、今日のところはそうしておきます。スポーツ選手も同じ。長島茂雄やイチローのことを「長島さん」や「イチローさん」とは普段言わないので。それでも何故か細野(晴臣)さんと星野(仙一)さんだけはつい「さん付け」をしてしまいますが)

 正直なところ、チケットが当選した直後、ほんの少しだけ後悔しました。繁忙期8月の金曜日。店を休むことがホントに良いことなのか。徳島からこれを見に行くためには、夫婦二人分のチケット代金と航空料金、ホテル代や当日の飲み食い代に加えて絶対我慢できなくなるコンサートグッズ購入代金もろもろ。まあまあな金額です。うちのような超零細虚弱店舗の売り上げではそんなに簡単にカバーできるものではありません。まして金曜日に店を閉じる罪悪感・・・。抽選に外れたら「まあ、もっと働きなさい」ということで諦めようと思っていたのですが、それが見事に当たってしまった。これも何かの縁だと思うしかありませんでした。大好きなはっぴいえんどが見られるのだから。後悔は帰ってきてから存分にしようと割り切ることにしました。

とりあえず21日(金)のセットリスト。
 
01.夏なんです(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)、はっぴいえんど
02.花いちもんめ(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)、はっぴいえんど
03.はいからはくち(松本隆、細野晴臣、鈴木茂、佐野元春)、はっぴいえんど
04.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
05.てぃーんずぶるーす(原田真二)
06.タイム・トラベル(原田真二)
07.シンプル・ラブ(大橋純子)
08.ペイパームーン(大橋純子)
09.三枚の写真(石川ひとみ)、三木聖子
10.東京ららばい(中川翔子)、中原理恵
11.セクシャルバイオレットNO.1(美勇士)、桑名正博
12.ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)
13.赤道小町ドキッ(山下久美子)
14.誘惑光線・クラッ!(早見優)
15.「菩提樹」(鈴木准、河野紘子)、フランツ・シューベルト
16.「辻音楽師」(鈴木准、河野紘子)、フランツ・シューベルト
17.君は天然色(伊藤銀次、杉真理)、大滝詠一
18.A面で恋をして(伊藤銀次、杉真理、佐野元春)、NAIAGARA TRIANGLE vol.2
19.Tシャツに口紅(鈴木雅之)、ラッツ&スター
20.冬のリヴィエラ(鈴木雅之)、森進一
21.バチェラー・ガール(稲垣潤一)
22.恋するカレン(稲垣潤一)、大滝詠一
23.スローなブギにしてくれ(I want you)(南佳孝)
24.ソバカスのある少女(鈴木茂、南佳孝)
25.砂の女(鈴木茂)
26.しらけちまうぜ(小坂忠)
27.想い出の散歩道(矢野顕子)、アグネス・チャン
28.ポケットいっぱいの秘密(矢野顕子)、アグネス・チャン
29.Woman“Wの悲劇”より(吉田美奈子)、薬師丸ひろ子
30.ガラスの林檎(吉田美奈子)、松田聖子
31.バンド紹介(風街ばんど)
32.卒業(斉藤由貴)
33.September(EPO)、竹内まりや
34.さらばシベリア鉄道(太田裕美)
35.ルビーの指環(寺尾聰)
EN.1.驟雨の街(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)
EN.2.風をあつめて(松本隆、細野晴臣、鈴木茂+全員)、はっぴいえんど
(8月21日付、オリコン記事より)


 席は2階席の前から2列目でした。自力で購入したチケットにしてはすごく良い席。向かってステージのやや左側。視界が抜けている。やった!と思った。国際フォーラムは以前クラシックのコンサートを見たことがあったので快適な環境であることは事前に予想がついたけど、天井が高く清潔で過ごしやすいオーセンティックなホールでこういうコンサートが見れるというのは、すごく嬉しい。立ちっぱはしんどい。僕も40歳を過ぎたのだから音楽はノリでというよりは、じっくり鑑賞したい。

 ステージの幕に大きな「風街ろまん」のジャケが映し出された。いよいよだ。19:00開演。「風街レジェンド」はスタートした。そしたらいきなりそこにいたのは大滝詠一がいない3人のはっぴいえんど。曲は「夏なんです」。いきなりだったので面食らいました。細野さんがオレンジのベースを持って歌っている。鈴木茂は何度も写真で見たことのあるギブソンのミニハム・ファイヤーバードをフィンガーピッキング。そして松本隆がドラムを叩いている。この日の一番見たかったものをいきなり見せつけられた。す、凄い。

え、でもいきなり?
今日って3時間半の予定なんすよね?
そのあともう出てこないとかないよな?

 いろんなことを考えながら、でも、3人の勇姿を一瞬たりとも逃してたまるかという思いで文字通り瞬きもせずステージをガン見しました。原曲をさらにゆったりとテンポを落とした(ように感じた)演奏は貫禄の一言。ときにドタドタっとする場面もありましたが、生で聴けるなんて本当に感激しました。次の「花いちもんめ」では鈴木茂のボーカルとギターが炸裂。歌こんなに上手な人だっけか?伸びやかな声。サビでは思わず、頭の中でレコードの大滝詠一のコーラスをイメージした。かっこういい。ギターソロも尺を伸ばして弾きまくり。やっぱり上手い人だよな〜。「はいからはくち」ではゲストボーカルに佐野元春!!この時点で心臓バコバコ。なんと粋な図らいを・・・。感激の最初のクライマックスは「はいからぁ〜」という最初のワンコーラスから。佐野元春ってこんなにお茶目な人だったんだ。なるほど、ちゃんと大滝詠一の曲もやるんだ、といきなりカウンターを食らった序盤でした。

 それからは、松本隆が手がけた作品を歌うシンガーが次々登場。ほとんどの人がステージの中央に設けられた階段を降りてきて登場、というテレビの歌謡ショーを見るときと同じスタイルでステージが展開する。トップバッターは太田裕美。名曲「木綿のハンカチーフ」。この人のちょっと甘い歌声は今でもすごく好きだ。今も変わらず歌が上手い。
 この歌謡ショースタイルの展開の中で、中盤までの間に特に印象に残ったは石川ひとみと早見優。どちらも子供の頃テレビでよく見ていた人だ。まさか生の歌声を聴く日が来るとは全く想像もしなかったけど、すごく良かった。またまた歌が上手い。びっくりしました。会場の造りのせいなのか、中低域を歌う男性シンガーより、高音を歌い上げる女性シンガーの方が良さが際立ったせいもあるかもしれない。石川ひとみの伸びやかな高音は圧巻の一言でした。

 そろそろ中盤。公演時間が3時間半と事前に聞かされていたから、どこかでトイレに行っておかないといけない、とタイミングをもじもじ。我慢してラストで集中力が途切れては元もこうもない。一瞬「ハイスクールララバイ」で行こうかと思ったけど、「本当に行くんかい!!(笑)」と、1階席のお客さんとステージ上のイモ欽トリオとの間でやりとりしてたので、さすがに行きづらくなってやめた。結局、声楽&ピアノの時間を犠牲にしました。仕方ない。後半戦があるのだから。

 今回のイベント、やはり予想していた「大滝詠一追悼」の主旨がかなり濃かったように思います。出てくる人出てくる人みんな、ちょっとした思いを語ってくれた。それだけでも凄く嬉しい。僕ははっぴいえんどでは断然大滝派。こういった形での追悼コンサートをずっと祈念していた一人でもあります。その点で「君は天然色」からの怒涛の大滝歌謡ショーでは完全に腰砕けでした。泣けた。来て良かった。本当に来て良かった。
 圧巻は「冬のリヴィエラ」の鈴木雅之。凄かった!感動した。この曲はもちろん森進一の歌をそらで歌えるくらい聴いた曲だけど(レコードは持っていない。でも一昔前の歌謡曲で本当にいい曲は、レコードを持っていなくとも歌詞を全部覚えてしまうくらい聴いていたもの。「冬のリヴィエラ」は、まさしくその代表)、この日のマーチンのリヴィエラは神がかっていた。大きなホールを完全に覆い尽くすかのような迫力と優しく柔らかなトーンでの大熱唱だった。MCも良かった。良すぎて細部を覚えてないのだけど、一瞬でファンになった。去り際のラメラメのベストのチラ見せもサイコーだった。かっこういーぜ。
 稲垣潤一の「恋するカレン」の頃には、僕は多分かなりの興奮状態だったと思う。隣にすわっていた方、大きな声で歌ってしまってごめんなさい。もうこの時には我慢できなかったんです。完全に「稲垣カレン」のせいだ。完璧なボーカルと完璧な演奏。完璧な大滝×松本ワールドの再現。座りながらにして膝から崩れた。

 で、この日のクライマックス。吉田美奈子の「ガラスの林檎」。僕はこれ以上のボーカルを聴いたことがありません。凄すぎて何をどう説明していいか分かりません。この演奏だけは松本隆の詞がどうとか、細野さんの曲がどうとか、アッパーでジャジーなアレンジがどうとか、そういうことはちょっと置いておきたい。生・吉田美奈子。いい体験をさせてもらいました。

 この日のバックの演奏は井上鑑率いる「風街バンド」。プロ中のプロの演奏。事前にメンバー見た瞬間からティンパン、ロンバケ、いろんなキーワードが浮かんでくる。バンドメンバー紹介の折には、大滝メロディを順番にそれぞれソロ演奏。ベースで奏でられた「スピーチ・バルーン」に号泣。他も全部感動。大滝詠一はステージにいなかったけど、まるで本人がそこにいるかのような錯覚を覚える、美しくドリーミーな瞬間でした。

 「卒業」、「September」、「さらばシベリア鉄道」、「ルビーの指輪」。誰でも知っている名曲ラッシュで幕が下りた。もうヘトヘトでした。

 幕が再度上がって、はっぴいえんどの新曲「驟雨の街」。実のところこの曲を聴けたことがこの日を一番の出来事だったのではないかと、冷静になった今思う。はっぴいえんど時代の未完の曲が40年経って初めて演奏された。最近の細野さんのナチュラルサウンドを踏襲しつつも、はっぴいえんど時代の松本隆特有の難解で文学的でナイーブな歌詞がかなりパンチが効いている。「驟雨」なんて言葉、普段目にしない。こちらが何とかして意味を解そうとするも、真髄は何処へ・・・。でも、これこそがはっぴいえんどの世界。これから将来のはっぴいえんどを予見させる演奏だった(希望)。


 だらだらと長くなりました。全然まとまってないし、記憶をメモしただけのブログですが、これは自分にとっては貴重なレポートになるかも知れないと思っています。50周年があった時、はっぴいえんどが新譜を出したとき、自分が老いて仕事を引退した時にのんびり「風街ろまん」を聴きながら、これを読み返すのもいいんじゃないかなーって思ってます。



boosan

これ失くすなよ。 [ブルーズ]

■DON`T LOOSE IT ポップス・ステープル

pops staples.jpg

 生前、「これ失くすなよ」と告げて、娘に歌とギターだけが入ったテープを渡したのだそうです。よっぽど気に入っていたのでしょうね。自分のパフォーマンスを。確かに凄い内容。久しぶりにブルースを聴いて興奮しました。音はウイルコのトゥィーディー親子や娘メイヴィスのコーラスなんかがオーヴァーダビングされていて、現代的なニュアンスになっているけどまったく違和感なし。むしろすごく生々しい音。ちょっとこれは凄いぞ。

 消え入りそうな囁き声のブルース。溢れんばかりの覚えやすい3コードメロディ。耳心地はクルーナー系ジャズボーカルでも聴いてるような感じですが、紛れもないディープでアーシーなこれこてのブルース。ギターなんて1音しか弾かない。ぺーん、ぺ〜んって。

 ジャケットも潔い。ここまで全部が原始的だと本当の演者の魅力がダイレクトに伝わります。文句ななど一言もございません。ただただこういうレコードを聴けることをありがたく思うのです。
ふふぇー。

 それにしても、スペンサー(・トゥィーディー)君のドラムには毎度脱帽でございます。


明日11日(火)はいつも通りの定休日です。12日(水)〜16日(日)のお盆期間中は昼の休憩なしで12:00ー22:00まで営業しております。阿波踊りついでによろしくお願いします。しこたまカレーを仕込んでお待ちしております。



boosan

毎日暑いですね。 [ロック]

■SONGS シュガー・ベイブ

songs 30th.jpg

 それにしても毎日暑いですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?僕はといえば毎日毎日店の仕事があるので特にこれといった変わりごとなどはないのですが、さすがにこの暑さには少々参ってしまっています。店の中は冷房がキンキンに効いているので「そんなに暑くもなかろうによ」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。多分冷房の効き過ぎな店、って思われている節もあるので・・・(もし寒かったら遠慮なく申し出てくださいね、すみません)。ただし、日頃僕が業務上定位置としているカウンター内というのが少々厄介で、この時期猛烈に暑いポジションなのであります。
 
 なんといっても、2台の大型業務用設備に常に挟まれている状態。台下冷蔵庫と製氷機。彼らの夏場の頑張りには頭が下がる思いではありますが、とにかくこの時期はその頑張りから大量の熱風を発するようになるのです。小型のエアコン室外機のようなイメージ。四六時中この熱風を膝から床に至る低域を常にぬる〜い風で温められると流石に逆上せてくるような感じがあるのです。非常にソフトなじんわり型の刑罰。照りつける太陽に焼き焦がされるのもきついですが、ぬるま湯湯煎のようなカウンター内もなかなかにしんどいのであります。そんなこんなでつい冷房の温度を下げてしまいがちです。お客様には冷え過ぎにてご迷惑をおかけしてしまっているかもしれませんが、もし寒すぎたら遠慮なく申し付け下さいませ。

 さてさて、ついにシュガーベイブの40周年記念盤が出ましたね。今回は達郎さん自らリマスタリングとさらにリミックスまでされているとのことなので、是が非でも聴いてみたいところであります。30周年大滝師匠リマスター盤とどこがどれだけ違うのか。興味深々です。しかしまー、それでも、いくら音質が違うとはいえ、まったく同内容のアルバムをあらためて購入する、というのは貧乏性が染み込んだ自分の性格的には、ミネラルウォーターで歯を磨くが如く贅沢事に感じられて、なかなか「ポチっ」と購入ボタンを押せずに毎日商品画面を見てはもじもじするばかりであります。そーこーするうちに、限定のアナログ盤なんかはすぐに売り切れるのだろうなー。どなたか40周年記念盤を買った方はぜひご一報を。そのご感想次第では本気購入を検討したいと思います。やっぱり何度聴いてもいいアルバムですからね、買って損はないのは分かってはいるのですが・・・。レコード、CDを買うっていう事には何らかこういうチマチマな悩みごとが付きまといます。なかなか大きな男にはなれそうにありません。

 それにしても、真夏に「SONGS」を爆音で聴く心地よさは何にも変え難い。ビールなんか飲みながらだと尚よし。これがロックンロールなんだ!ってあらためて思います。ものすごい完成度のアルバム。結局のところは聴ければ何周年でもいいですよねぇ。いいアルバムっていうのはそういうものなのでないかい。聴く度にそう思ってしまうのです。



boosan

ワンパターン。 [ロック]

■SAILIN SHOES リトル・フィート

SAILIN SHOES.jpg


 最近の自分のブログを読み返すと酷くワンパターンであることにゲンナリします。毎回同じ。書いてあることは大体こんなこと。

・最近店が暇で困っている・・・
・暇なもんだから、あれこれ音楽を聴く。それでもって、昔はピンと来なかったレコードを山ほど聴いて、今では凄く良いと思えるようになる・・・
・で、なんやかやそんな音楽を聴いてたら気分良くなってきたので、ちょっと飲んじゃいました、へへ。

だいたいこのパターンである。まあ、ブログなんて個人の日記なのだし、素人が素人の文章でただただ退屈な日々を綴っているだけなのだから、エキセントリックでファビュラスな日々についてなんて書ける訳がないのだけど(すみません、エキセントリックもファビュラスも意味は分かりません、あくまでニュアンスです)、それにしても最近は自分でも「酷いな〜」と思ってしまうくらいブログの内容が稚拙でワンパターンである。自分では読み返してはいけませんね。せっかく取り上げるレコードが超一級でも、紹介文が紹介にすらなっていない・・・。むしろレコードの格が下がるっちゅうもん・・・。まあ、仕方ないです。こういう店主でも音楽は好きで、「好きだー」と語ってしまいたくなるのが良い音楽ってもんです。

 で、ワンパターンと分かっていながらやはり書かずにいられない、このリトル・フィート。これは本当に良さが分からなかった。若いころは。とにかく地味に感じたし、良さそうな気がするもののなかなか心に残らない。だいいち、ルックスがそそらない。ジョー・ペリーやデュアン・オールマンあたりはスリムな上にどこか悪そうで、うまいことかっこつけーなとこがわかりやすく格好良かったのだけど、ローエル・ジョージときたらなんだかポッチャリだし、白いツナギとか着ちゃってるし、イメージ的に黄レンジャーっぽくってカレーライスとかめっちゃ食べそうな・・・。そんな風に見えちゃったらなかなか音楽がこちらに入ってこない。アンガス・ヤングなんかもそんな一人なのだけど、若いころは正統派な2枚目ロッカーこそが聴くべきで目指すべきなミュージシャンだと思い込んでいた。少なくともスリムでないとな・・・笑。

 あれから20年経って自分の腹にもそこそこの貫禄がついて、身体の動作の運動性を優先させ、できるだけ筋肉にいらぬ負荷をかけぬよう(要は楽チンでいたいので)、スリムでビしっとしたものより、だらっとゆるい衣服を好むようになって、おしゃれなカクテルやワインより安焼酎を好むようになった今、リトル・フィートの真価を理解できるようになった気がしマス。白いツナギにストライプのシャツを着たまん丸のローエル・ジョージ。うん、かっこいいよなー。ギターだってスライドのソロしか弾かない。もしかしたら楽チン主義か。いいとこどりもいいとこ。でもバンドのグルーヴときたらハンパなし。凄い。中速で常にハードにドライブ。このドライブ感は大人よなー。バンド内バランスも大人。この2ndアルバムは来るべきリトル・フィート全盛期前夜といった感じの内容ですが、まとまりを欠くギリギリまで荒っぽく仕上がっていて、その破天荒な演奏にゾクゾクします。

 今日も結局、店はまーまー暇でした。でも、夜は楽しかったかな。友達みたいなお客さんばっかりだったし。そして、リトル・フィートを再発見して、いいちこ飲みながらパタパタ。

 結局、何も変わりません、笑。今日もこのワンパターンを打破することはできませんでした。いつかエキセントリックでファビュラスな生活ができますように。そしたらもうちょっと面白いブログが書けると思います、笑。

 もうこんな時間だしそろそろ帰って明日に備えようと思います。身体のケアも大事な年頃になってきました。では、また明日。


boosan




 
 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。