So-net無料ブログ作成
ライブ ブログトップ

トータスのライブにいってきました。 [ライブ]

■Tortoise at Billboard Osaka 5.19.2017

IMG_7099.JPG
(左から。ベースのダグ・マッコブ、ギターのジェフ・パーカー、key/ドラムのジョン・マッケンタイア、ドラム/色々のジョン・ヘーンドン、ドラム/色々のダン・ビットニー)

 先日、シカゴの音響系ポストロックバンド、トータスのライブに行ってきました。実に素晴らしかった。かなり素晴らしい体験でしたので少しだけブログにまとめたいと思います。場所はビルボード大阪。5月19日金曜日の1stステージ。17:30オープン、18:30開演。

 東京ミッドタウンにあるビルボードは何回か行ったことがあったのですが、大阪は初めて。行く前は「トータスを見るにはちょっとラグジャリー過ぎやしないか」と少々心配もあったのですが、結論から言って素晴らしい箱でした。地下にあるせいか東京のそれよりライブハウス感が強く、コンパクトで音も良かった。スタッフの皆さんも親切で和か。ついでにパイントグラスで提供される生ビールも美味い。
 
 今回は整理番号10番ということで気合を入れて30分前に到着。折角なので間近でガン見できる場所を取ってやろうと思い、前から2番目のテーブルのちょうどステージど真ん中の位置をゲット。目の前にはトータスの主役ツインドラムがどーんと鎮座している場所でございます。やった!まるで友達のバンドを見に来たような近さ。この距離であのトータスを観れるのだからもうテンションはその時点で上がりまくりなのです。

 定刻にメンバー登場。例によってほぼ全員無表情。淡々したスタートです。最初はダン・ビットニー(トータスのメンバーに敬称をつけると雰囲気が出ないので以下、敬称略でいきます)のドラムイントロから。トータスは3人ドラマーがいて曲によって入れ替わったり、ツインドラムになったりするわけですが、このダグのドラミングは3人の中でも一番しなやか。常にスティックの残像が見えるほどの流麗な太鼓さばき。「おおお、すげー」。曲はミドルテンポの「High Class Slim Came Floatin` In」。ダビーなシンセが被さってもうすでにかっちょいいのであります。次の曲ではドラムのペダルが壊れるアクシデント発生。ダグはステージ後ろのローディーに目くばせしながら合図を送って、演奏中にフロアタムを叩きながら治してもらっていました。慌てず騒がず。どんな時でもトータスのステージは淡々としてます。

 で、待ってましたのツインドラム・ラッシュ。いやあ、今日のハイライトは何と言ってもこれに尽きます。僕がトータスのライブ初体験ということもありますが、目の前1メートル先で全身全霊で叩かれるツインドラムたるやその圧、半端ではありません。「これちょっとやばいかも。最後までこっちがもつのだろか」と思ったほど。特にジョン・ヘーンドン(以下、ジョンへ)はとにかくもう壊れるよ、っていうくらい叩きまくるスタイルなので、見てるこちらの方がすでに序盤でクタクタ。想像を遥かに超えたパワフルな演奏にビックリでありました。

 今回のライブは去年出た最近作「The Catastrophist」からの曲が多く、中盤はこのアルバムの曲が続きます。僕はこのアルバムが一番好きなのですが、これもライブのアレンジになるとロック量が5割増になって、すごい躍動感ですね。ベースのダグの音の大きいこと。この方、髭も立派なトータス一雰囲気のある方ですがステージの左奥隅にいながらも強烈な存在感を放ってました。(僕はこの人が時折弾くジャズマスター・サウンドのファンでもあります)

 そろそろ佳境、という折で、名盤「TNT」からの曲「Ten-Day Intervals」はダンによるヴィブラフォンでスタートしたのですが、これの音が身震いするほど素晴らしかった。強烈な残響感を残して場内を一気に静けさの底に突き落とすかのようなミニマルな演奏。これは本当にヤバかった。生のヴィブラフォンってあんなに音いいんですか?その後ジェフ(・パーカー)とジョンへによる電子マリンバの連弾でさらにミニマル感の重奏に入っていくのですが(絵的にはこれ、おっさん二人可愛かったです笑)、こういう「動」の後の急激な「静」がトータスの一番好きなところ。メロディはほんの少し哀愁を帯びた叙情性にあふれたもの。素晴らしい。

 続いて大名盤「Standards」収録のトータス流のファンク・ロック、「Eros」。この日も演奏されたのですが、実は事前に東京公演を観た方が「『Eros』で泣けた」、という趣旨のツイートを挙げてらして、こんなロボット・ファンクなアッパーチューンでホントに泣けるんだろか、と思ってたのですが、、、。
 
 はい、泣けました笑。なんでですかねー。ゴリゴリのファンク・チューンなんですけどねー。メンバーの緊張感と躍動感がマックスでしたねー。演奏終わった瞬間奇声をあげましたねー。素晴らしい。

 その後ジョン・マッケンタイア(以下ジョンマケ)の重量級ドラミングがかっこいい「Shake Hands With Danger」「Gesceap」で本編終了。それにしても、ジョンマケは終始無表情だったなあ。タンバリンを胸で叩くシーンも常に無表情。最初から最後まで一切言葉を発せず。トータスのリーダーは鋼鉄の意思でかっこいい音楽を作って個性あるメンバーをまとめあげている、といった印象でした。「音楽以外なにも必要なし」といったところですかね。それがもう、めちゃかっこいいのです。

 アンコールは、アッパーなロック・チューン、「Prepare Your Coffin」で始まり、2nd収録の「Along The Banks Of Rivers」で終了。最後はダグのリヴァーヴがたっぷりかかった哀愁のバリトンギターを堪能できました。

 正味90分ないくらいの演奏。でも、もう十分です。これ以上はもう聴けませんっていうくらい濃密な演奏でした。レコードよりもかなりフィジカル感の強いライブ。彼らはポストロックなんていう今時の言葉で語られることも多いですが、正直これは単純にロックンロールですよ。相当にインテリジェンスな。彼らを見るイメージが少々変わりました。やはりレコードやYouTubeだけでは掴みきれない音楽の本質がライブには宿っていますね。トータス初体験。悔いなし。200%楽しみきった貴重なライブ体験になりました。何度もでも見に行きたいので、トータスさんまた来てね。


boosan

トータスビルボード.jpg
*ビルボード大阪、終演後。

トータスドラム.jpg
*僕の座った位置から。ドラムはほぼ直音。

トータスビール.jpg
*ビルボードのパイントグラスの生ビール。値段高めですが、量と質を考えたら満足です。

20170519Tortoise.jpg
*終了後、ダンさんと。気さくに応じて下さいました。僕の顔が子供のようです笑。


set list(多分合っているのではないかと)
1,High Class Slim Came Floatin` In
2,Gigantes
3,Hot Coffee
4,The Catastrophist
5,At Odds With Logic
6,The Clearing Fills
7,Ten-Day Intervals
8,Swung From Gutters
9,Eros
10,Shake Hands With Danger
11,Gesceap
encore
12,Prepare Your Coffin
13,Along The Banks Of Rivers


*今回のライブと同じ始まり方です。興味のある方は2/3、3/3と続けてどうぞ。

ノラ・ジョーンズ大阪公演。 [ライブ]

■NORAH JONES at 大阪城ホール 2017.04.17

名称未設定 3.jpg

 念願のノラ・ジョーンズの来日公演に行ってきました。場所は大阪城ホール。とても楽しみにしていたライブの一つであります。久しぶりのジャジーフィーリンなアルバム「Day Breaks」を引っさげてのワールドツアー。一体どんなにライブになるのか。チケットは公演の半年前に購入。僕にとっては待ちに待った、満を持してのライブでした。

 ライブは定刻18:30にスタート。前座のAloysius 3というインスト・バンドから。メンバーがノラのバンドを兼ねているということもあって、ノラの最近のロック寄りのサウンドにかなり近く、敢えて例えるならMG`sあたりでしょうか。マッスルショールズな雰囲気のアーシーでソウルフルなミドルテンポロック。良い感じでした。ギターもハモンドもめちゃ上手い。
 でも、この件、ツイッターあたりでは話題になっていましたが、この前座があること自体を知らない人が多く、どこの会場でもどよめきが沸いていたそうです。大阪も例外ではなかった。このバンドの約40分程度の演奏が終わって、場内「では、20分の休憩です」のアナウンスに皆「???」の嵐。僕はまあまあ暇な人間なので、事前にこのことを頭に入れていたので驚きませんでしたが、ノラが登場しないままの休憩突入に少々のざわめきは分からないでもないかな、な感じ。

「お前ら見にきたんちゃうぞー笑」

ただ彼らの名誉のために書いておきたいのですが、Aloysius 3の演奏はとても良かったです。めちゃ上手いし、まさしく大人のロックといった佇まい。僕は割と好き。

 男性でさえその長蛇の列に入るのを諦めざるを得ない20分のトイレ休憩を挟んで、本編ノラ・ジョーンズのライブが始まりました。1曲目。渋いです。1stアルバムから「I've Got To See You Again」でスタート。テンション低めなスタート。いつものように中央にノラのグランドピアノがあって、他のメンバーはそれを囲むように配置。常に半身を客席に見せてピアノを弾くあのスタイルですね。あら、ノラさん、少しほっそりされたかな。そんな印象。やはりとても可愛い。思ったより(この会場としては)音も良い。風邪をひいているとの噂もだいぶ良くなられたのか声もしっかり出ていて、一気にノラ・ワールドに引き込まれます。

 新旧のピアノスタイルの楽曲が続いて、(僕にとっての)最初のクライマックスが、新譜に収録のニールヤングカバー、「Don`t be denied」でした。この演奏はすごく良かった。この後も始終感じることなのですが、ノラ・ジョーンズwith her bandというよりは完全にThe ノラ・ジョーンズ`Sといった感じのバンド感(判りづらいすかね笑)。要はすごいまとまりというかグルーヴというか、いやぁ完全たるバンドサウンドで誰が主役かというよりはアンサンブルの妙で一気に聴かす。ぞわぞわしました。ノラも常にメンバーになんらか細かな指示を出しているようでした。ベースの人に「もっと、もっと」というジェスチャーの後、ベースの出音がでかくなった気がします。1ボーカリストとしてのバンド内立ち位置ではなく、完全にノラがバンマスかのように感じました。それにしてもピカイチのカバー。

 その後ノラさん、ピアノを離れいよいよギター持ってスタンドマイクへ。おなじみの赤いムスタングでPuss `N Bootsの「Don`t know what it means」のイントロをかき鳴らす。決して流暢なギターではないけど味わいがありますね。何なんすかね、これ。普通の人がこの曲のコード(たぶん出だしEかな)を弾いても何ともないかと思うのですが、やはりどこがが違いますねぇ。キース・リチャーズやニール・ヤングのそれと似た感じ。ムスタング良い音してました。もうちょっとボリューム大きくても良いのに。途中でアンプいじってたけど。

 ギターついでで言うと、このThe ノラ・ジョーンズ`Sのロン毛のギタリスト、ジェイソン・ロバーツという方は実にかっこ良かった。ジャズマスターやトレモロ付きのカジノをメインに繊細でブルージーな渋いギターを聴かせてくれたのですが、どこかオルタナティヴなフレージング。股を大きめに開いて身体をゆらりゆらりと動かしながら弾くそのスタイルは独特なグルーヴを感じさせるものでした。実はこのライブ中一番気になったのはこの人で、この人ばっかり見てました。いや、実に素晴らしい。中盤の「Stuck」でのギターソロなんてまるでクレイジーホースのメンバー、笑。

 この後、ピアノトリオの編成になってちょっと出番早めな「Don`t Know Why」。オリジナルより少々軽快にアレンジされた名曲は「これが落とし所ではありません」的な淡々とした印象。これはこれで良いな。名曲は名曲。どこをどう切ってもノラはノラ。多分、この曲色んなヴァージョンがあるのでしょう。

 むしろ強烈なインパクトだったのはノラのピアノ弾き語りによる「The nearness of you」。1stの最後に入っている、しんとしたあの曲です。いやぁ実に素晴らしかった。ピアノを結構強く弾くんですねぇ、原曲より。それが良かった。1万人の静寂。ここが一番の聴かせどころだったかなと後になって思います。

 そして、新譜からのキラーチューン「Flipside」と「Carry on」で終了。どちらも新譜からとは思えない程の歌と演奏の良さ。むしろこのライブ全般に言えることですが、ノラのキーが近年少し低くなっているのか、最近の楽曲の方がそれに合っているし、声の低音部の響きがめちゃくちゃ良いのですよ。ちょっとドスの効いた感じというか。いよいよ円熟の域だなあなんてエラそうな感想を抱きながら、アンコールの手を叩きます。

 で、アンコール。メンバー全員がステージ中央に集まって、マイク一本、ノラはアコギのカントリーバンドスタイル。要はほぼ生音な訳です。で、2ndの名曲「Sunrise」。もう会場が大きすぎるので手拍子が始まると楽器の音とか全然聴こえなくなるのですが、そんなの関係なしといった感じの和やかカントリータイム。ここは一番じんわりしました。そして、最後はこの編成のまま、名曲「Come away with you」。ちょっと泣けました。素敵すぎて。ちょっと俺も練習してみるか、これ。すぐ影響受けちゃう、笑。

 やっと行けた!という思いのノラ・ジョーンズのライブ。店を閉めてでも行った甲斐がありました。プロの演奏ですね。レコードより面白いもんなあ。でも、少しだけ欲を言うならやはりもっと小さい会場で見たかった!しかも、ブルーノートとかビルボードではなく、クアトロやリキッドルームでスタンディングで見たい。だって、The ノラ・ジョーンズ`Sは、アーシーでソウルフルなスワンプロック・バンドなのだから。静かで緩い曲でも、その穏やかなグルーヴに身を預けて身体を揺らしたい。そして出来れば会場で一緒に歌いたい、笑(失礼)。

 そんなことを思いながらの帰りの大阪からのバスは、悪天候で鳴門大橋通行止め。瀬戸大橋経由の長旅になってしまいました。帰宅時間は午前4:30頃、笑。ちょっと疲れましたが、しばらくThe ノラ・ジョーンズ`S気分に浸りたいと思います。

*今回のライブに一番近いと思われる映像です。


*セットリスト
1.I've Got To See You Again
2.Tragedy
3.Out On The Road
4.Those Sweet Words
5.Don't Be Denied
6.Chasing Pirates
7.Rosie's Lullaby
8.Don't Know What It Means
9.Tell Yer Mama
10.Stuck
11.Don't Know Why
12.It's a Wonderful Time for Love
13.Travelin' On
14.Little Broken Hearts
15.The Nearness of You
16.Flipside
17.Carry On
18.Sunrise
19.Creepin' In
20.Come Away With Me 
(Music Joceeさんのサイトを参照させていただきました)

TWEEDYのライブレポート。 [ライブ]

■TWEEDY at UMEDA CLUB QUATTRO
12512243_552170494960865_945108954521646224_n.jpg


 先日、TWEEDYのライブを見に梅田クラブクアトロに行ってきました。WILCOのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーのサイドプロジェクト。元々ソロ作品にしようした楽曲を制作段階で息子でドラムのスペンサー・トゥイーディーに協力してもらっていたら結果的に親子プロジェクトになった、といういきさつのもの。アルバム自体はアコースティックな音作りと内相的な世界観が印象的で、ジェフ個人のパーソナルな部分がシンプルに表現された割と地味目なものでしたが、ライブも予想通りシンプル極まりない地味なものでした。

 が、しかし、その地味なライブは、僕の30数年の音楽愛好歴のなかでもっとも感動的でもっとも心に響く素晴らしい音楽体験に導いてくれるものでした。いやー、素晴らしかった。何度思い返してみても素晴らしかった。ほんと、冷めて欲しくない夢とはこのことだと思った。それが夢ではなく現実なのだから、世の中まだまだ捨てたもんじゃない。

 オープニング。楽器以外は何も装飾されていないステージにメンバーがぞろぞろと出てきた。今回は6人編成。ジェフとスペンサー以外のメンバーのことはよく知らなかったけど、MCの内容からして仲のいい友人達なのでしょう。ベースのダーレンはジェフの古い付き合いの方みたいだし、他は皆若い上に兄妹のメンバーもいたりで見るからに和やかでアットホーム。一発目はジェフのアコギを基調としたアルバム内のシンプルでやや暗めな曲から。
 このシンプルでやや暗めの曲、出音の一発目でやられました。かっこういい。めちゃくちゃにかっこういい。特にこれといった小細工も何もない音だけにこちらにも音像がリアルに届く。「うわわわぁ〜〜〜」って心のなかで思った。何なんだ、この包まれる感覚は。その後アルバム内のフィードバックを多用したノイジーな曲も挟みながらそれでも淡々とショウは続く。しばらく聴き進んでいるうちにふとあることを強烈に思う。

 「スペンサーのドラム、半端ないな」

 もともと、地味目でフォーキーな音楽へのアプローチ・センスが良くて、若いのに凄いなーと思ってはいたけど、アルバムが出た2年前よりまた数段と上手くなってて、ものすっごいグルーヴをかましちゃってました。しかもジェフ父さんの歌にきちんと寄り添うかのような歌心あるドラムは他で聴いたことのない類のもの。まるでタムでフィルを入れるときなんかはドラムで歌のコーラスパートを演奏しているような感じ。僕の年の半分くらいの人がこんなことしちゃってさ、こっちは音楽なんて目指さなくて本当によかった、と半笑い状態でした(笑)

 それでも淡々とショウは続く。途中ジェフのMCもポツポツ入って、僕くらいの英語力でも比較的聞き取りやすい英語なので会場は多分みなさん言っていることの殆どを理解している雰囲気。それが原因かどうか、またステージ上のメンバーの和やかさからなのか、もちろんその両方も当然あるだろうし僕が気がつかない要因もたくさんあるのでしょうけど、気がつくと何だか会場全体の雰囲気が異様な和やかさ。「和やかさ」に「異様」なんていう形容詞はおかしいのだけど、見たことない、体験したことないものに対しては上手く表現できないんです。

 ここはなんだ?
 桃源郷か?

 なんだかモーレツな幸せオーラが渦巻く会場に自分がいることに気づく。気持ちよすぎる。温かすぎる。何なんだこれは。

 中盤。ジェフ一人のアコギ弾き語りタイムに突入。ここではWILCOの名曲を惜しげもなく次から次へと披露。最初は繊細なブルーズ・ハープがナイーヴでかっこよかった、名曲「Via Chicago」から。僕はディラン風味のこの切ない曲が大好物なのである。はー、切ない切ない。そして、これでもか、これでもか、と名曲が続く。名曲ラッシュのハイライトはやはり「Jesus etc」。ノラ・ジョーンズのカバーで更に有名になったこちらも渋くメランコリーな大名曲。大名曲ついでに、僕がWILCOの曲で唯一歌詞を完全に頭に入れたことでも僕の中では超有名曲なのである(笑)閉店後一人ギターを持って歌ってしまう大名曲。その内容をiPhoneに性懲りも無く何パターンも録音してしまう大名曲(笑)。この静かな曲の途中、会場からからうっすらとお客さんの合唱が聴こえてきた。この「うっすら加減」に完全にイッてしまいました。鳥肌×100。この辺りで今日のライブは今まで他に見たライブと様子が違うぞ、と思い始めてました。

 なんだかモーレツな幸せオーラが渦巻く会場に自分がいることに気づく。気持ちよすぎる。温かすぎる。何なんだこれは。 

 ジェフの弾き語りタイムが終わると、他のメンバーがぞろぞろとまたステージに帰ってきた。その中に前半いなかった若い人が一人。

 サミー・トゥイーディー!!

 ジェフに「こちらも同じトゥイーディーです」と紹介された次男坊のサミーくん。上手い歌を披露してくれました。曲はビッグ・スターの「13」。今日が3回目のステージだという多分まだ10代の彼。渋くいい声をされてました。父ちゃんそっくりな声質。末恐ろし。

 その後はバンドセットに戻って、更にリラックス&ロックンロールタイム。ジェフの歌うニール・ヤングでは、体は左右に揺れ始め禁じ手の合唱へ突入(笑)。前日のリキッド・ルームではジム・オルークも飛び入りしたというルース・ファーの曲でさらに横揺れ増加(笑)あー楽しい楽しい。あー楽しい。最後はお決まりのWILCOの締め、3コードの名曲「California Star」で完全に幸福が頂点に。「かりふぉーにぃすた〜〜〜♫」。絶唱。

 と、思ったら本当の最後はさらにデヴィット・ボウイの「クイーン・ビッチ」でパンク&ロックンロール。

 ふはー。楽しかった。

 なんだかモーレツな幸せオーラが渦巻く会場に自分がいることに気づく。気持ちよすぎる。温かすぎる。何なんだこれは。

 当日、会場には「TAPER`S SECTION」が設けられ録音機材の設置が認められてました。何だかデッドみたいでかっこいーなーと思っていたのだけど、このショウを見て、もしかしたらデッド・ヘッズの多くが感じる幸福感、多幸感と同種のものが、この日のTWEEDYのライブにもあったんでないかと思うんです。デッドのライブを体験したことはないのだけど。もう少しこじんまりとしたスタイルで、アットホームで、ジェフ・ファミリーならではのエンターテイメント・ハピネス。あの日、梅田クアトロにいらっしゃった200人前後の方々がそれ近い感想を持ってらっしゃったのではないかと勝手ながら思ってます。

 
 この夏、WILCOでの来日が決まったそうです。また見たい!!




boosan

 
ライブ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。