So-net無料ブログ作成
カントリー/ルーツミュージック ブログトップ

暑いすねー。 [カントリー/ルーツミュージック]

■BOBBY CHARLES ボビー・チャールズ

bobby charles.jpg

 しかし、それにしても毎日暑いですね。分かりきっていることとはいえ、暑いのはやはりしんどい。はー。東京にいた頃に比べると、徳島の暑さは風が抜けたりアスファルトの照り返しが少ない分幾分過ごしやすく感じるのですが、僕もこの地に住んで4年目。すっかり田舎の穏やかな気候に慣れてしまった。ちょっとの暑さで暑い暑い。ちょっと歳のせいもあるかな。日々の生活に必要な体力にもろに影響している気がします。

 僕らのような冷房の効いた室内で1日中過ごさなくてはいけない仕事は、歩いたり運動したりで発散することが難しいのでなんとなく身体中あちこちの汗腺が「糞詰まり」のような状態になるわけです。しかも、お客さんが長時間来なかったるすると余計に身体を使わなくなるので、非常にだるい。たまにはプールでも行って全身運動してクタクタになってバタンと寝てしまうようなデトックスが必要に感じます。

 まあ、要は、ここ2〜3日はこの暑さのせいかお客さんもまばらで、単純に暇を持て余しているというだけのことです。忙しければ汗もいっぱいかくもんね。

 音楽が身体に及ぼす効果がどれほどか、ということははっきりとわかることではありませんが、とりあえずこのボビー・チャールズを聴くとなんだか不思議なマイナスイオンを感じます。涼しー。ピーター・バラカンさんもロック本の中でそんなこと書いてました。同感。身体中を水分が巡り巡るイメージ。この時期はつい再生回数が増えてしまいます。


 今日は吉野川で花火も上がるそうです。毎年のことだけど、この時期は周辺道路がパンパンで市内のアクセスが非常に悪くなるそうです。そうか、それじゃ仕方ない、今日の夜店が暇でもそんな事情があるんでは仕方ないな(笑)
 
 7月の月末、超零細の飲食店にとってはなかなかに過酷な季節柄でございます。いろんな意味で。というわけでみなさんのご来店心よりお待ち申し上げております。



boosan
 

 

Apple Music。 [カントリー/ルーツミュージック]

■BOOMER`S STORY ライ・クーダー

boomer`s story.jpg

 こちらは大学生の頃よく聴いていたライ・クーダーの名盤。当時は「渋い音楽だなぁ」と思いながらも、いかにもアメリカのルーツ音楽らしい乾いた哀愁感に心奪われておりました。すごく好きなアルバム。
 
 あれから20年以上経って、いつ間にか(おそらくは大人の事情により)そのCDは手元から消えてしまっていました。また聴きたいなーと思ってももう一度買い直すか、もしくはYouTubeの一曲ごと細切れに(しかも全曲でない)アップされた音源を広告にイライラしながら聴くしかない状態でしたが、とうとう凄いもんが世の中にあることを知ってしまいました。

 
 ・・・・Apple Music!!・・・。


 ちょっと前にスタートしたApple Music。もちろん存在は知ってました。その登場の折は月間定額制の音楽配信サービスなんて邪道じゃ、と思い見向きもしなかったのですが、今回のライ・クーダーのような昔すごく好きだったのに、今なんらかの事情で聴けない(ほとんどの場合、生活や道楽のために刹那的判断により売ってしまっているのですが)ものが自分にはあまりに多すぎるなーと悶々していたら、ある日突然魔がさして、「3ヶ月間無料お試しボタン」をぽちっと押してしまったのです。

 
 あああああー、凄い。なんでも聴ける。何でもかんでも聴ける。これは「嬉しい」を通り越えてもう完全に「事件」なのである。レコードやCDというものは音楽を聴くためには必要不可欠なツールであると生来徹頭徹尾刷り込まれているので、デジタルとはいえ検索一つで何でもかんでも聴けるというはそれはもう驚きを超えてビッグバンなのである。「そんな、アホな」なのである。嬉しいけど心は複雑なのである。なんだか申し訳ない気持ちすら生まれちゃうのである。でも、煩悩には勝てずまたパシャパシャ検索しては、店のアンプに通して大きい音で聴いてしまうのである。今から30年前にくらいにはお小遣いを貯めてカセットテープでアルバムを買うことを覚え、その後CDプレーヤーを手に入れ、大人になってからはアナログプレーヤーも手に入れた。レコードのジャケットを触って眺めては「うしゃしゃ」と悦に入っていたものである。それが、である。ブツを買わなくても際限なく音楽を聴くことができるのである。


 もちろん、Appleにない音楽も世の中にはごまんとあるので、それで全ていける!、とうわけではないけど、凄いことですね、まったく。


 残念ながら僕の暮らしている環境ではなかなかライ・クーダーの中古のLPを探すのは困難なので、しばらくの間はおとなしくAppleで聴いていようと思います。やっぱりライ・クーダーの音楽はちょっと埃っぽいくらいの中古レコードで聴くのが1番味わいある感じなんでないか。これは本心ですが強がりも半分です。だって、やはりその素晴らしい音楽が聴けるなら手段はどうでも良いと思っている自分もいるから。


 そうこう言いつつ、今日も未だ聴いたことがなかった、hadda brooksやyvonne harrisonの音楽をAppleで聴きました。また、良い音楽に出会ってしまいました。ふー。


 なんだか急にパソコンを綺麗に掃除して扱うようになったのは気のせいだろうか・・・。



boosan


補足:ちなみに音源ごとの個別ダウンロードには全く興味ありません。あれは音質と手元に何もジャケ的なものが残らないことを考えると値段が高過ぎると思うから。定額制聴き放題の魅力はやはりその価格。データとして自分のものにならなくても不思議と満足感があります。

ピザのテープ。 [カントリー/ルーツミュージック]

■THE PIZZA TAPES ジェリー・ガルシア、デイヴィッド・グリスマン、トニー・ライス

the pizza tapes.jpg

 最近購入したスマッシュヒットはこれ。めちゃくちゃ良かったです。晩年のガルシアのアコースティック・セッション。まさに男の楽しみ。男の哀愁。「Summertime」とか「Knockin` on Heaven`s Door」などのスタンダードとも言える曲のカバーなんかが聴きどころで、非常に聴きやすいのにディープなガルシアワールドがなんとも言えず良い。しわがれたガルシアの歌声と自由なギターに癒されます。

 今これを書いているのはちょうど21:00頃。店内にいるのは僕だけ。奥さんは先に帰りました。今夜は特に暇なものだから尚更趣味趣味な時間になってしまってます。2月〜3月頭と、とても忙しくさせていただいたので、その反動かな(笑)今日は自由時間が多くて喜びながら困っています。
 ま、いいか。背中も首も少々悲鳴を上げ気味だったし、こんな日もたまになら(本当にたまになら)嬉しいものです。

 ところで、タイトルの「ピザのテープ」ってなんかいいですね。どういう意味があるのか知らないけど、本人たちがリラックスしていることだけは伝わる。曲間の話し声とかもそのまま入ってて、その緩さがかえって大人の感じ。ピザでも食べながら演奏してたのかな。CDの裏ジャケには文字通り食べ終わったピザの残りカス。聴き終わる頃にはちょうど、って感じ。

 今日はこの後、最近控えめだったアルコールも少しだけやってしまおうかなと思います。僕にとっては取り立てて何も起こらず何の話題もない日ですが、意外とこういう日はありそうでない貴重な日です。(暇なのに心が穏やか、という貴重さ)

 
 では、みなさん、リニューアルしたキーマカレーでも食べに、明日も宜しくお願いします。結構美味しいと思ってますのでー。おやすみなさい。



boosan


毎日寒いですね〜。 [カントリー/ルーツミュージック]

■Maria Muldaur マリア・マルダー

maria muldaur.jpg

 それにしても毎日寒いですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?これだけ寒いと夜は出かけるの億劫ですよね。街は大変静かであります・・・。店も静かであります・・・(笑)

 冬らしいといえば冬らしいですがやっぱり寒いのはちょっとしんどいですね。徳島市内でも先日雪が降ったばかり。なんとなく気持ちも縮こまるし、あったかい風呂にでも入ってゆっくりしたいすね。僕も早めに帰って風呂上がりにガリガリ君がじりながらのんびりします。

 さて、明日は、今のところタルトタタンをお出しできそうです。りんごの在庫が最後になってきましたので(断続的なご提供で)今月いっぱいが目安です。もしよかったら食べてみてください。2月は初登場、「フォンダン・ショコラ」。あったかとろりのチョコレートにバニラアイスクリームです。今日は少しだけ用意しましたがおかげさまで完売です。ラム酒が効いてます。僕にとってのヴァレンタインはもはや「たまにはチョコレート食おうぜ」、なイベントです。

 今、ちょっとでも温かさを求めてマリア・マルダーなんぞ聴いてますが、やはりいいですね。気持ちが少し緩みます。先日東京への弾丸出張を終えたばかりなので(古い友人の会社のオフィス移転お披露目パーティ。出張カレー。とてもかっこいいオフィスでした!)、なんとなくひと段落な気分です。ゆるゆるな音楽が気分です。

 週末は更に寒いみたいですが、もし「寒いの割と平気」という方は熱いコーヒーとスイーツでもつつきにぜひお越しくださいませ。ゆるめの音楽でのんびりしましょう。


 では、では。


boosan

ラザニア [カントリー/ルーツミュージック]

■THE LITTLE WILLIES ザ・リトルウイリィーズ

the little willies.jpg

最近なぜか「ラザニア」にはまってまして、
週末になると奥さんが作ったり僕が作ったり、
とにかく毎週のように食べています。
寒いこの季節に、アツアツのラザニアを
ハフハフいいながらほおばる快感がたまらないのです。
安赤ワインをがぶ飲みしながらね。

僕の作るラザニアはそれほど本格的なものでなく、
トマトソースに加えるベシャメルソースは
ハインツのものにバターと牛乳を少し加えるだけのインスタントなものだし、
ラザニア麺だってちゃんと茹でないでそのままひいて、
少々固くても気にしないでガンガン食べちゃいます。
とにかく直径30センチはある白い楕円のオーブンウエアに
これでもかと!というほどのソースと麺を交互にひいて
その上には焼いたトマトとナスとモッツァレラチーズを。
最後は昨年買ったデロンギのオーブンに30分ぶち込みます。

ちーっん!


できあがり。

あとはガツガツハフハフ食べるだけ。



全然関係ないけどラザニア食べるときは、
ノラ・ジョーンズ参加のカントリーなこのアルバムを聴きます。


ささやかな週末の楽しみ。
今週末も多分食べることになりそうです。



カミヤマ
カントリー/ルーツミュージック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。