So-net無料ブログ作成
昔のジャズ・テナー ブログトップ
前の10件 | -

ありがとうございました! [昔のジャズ・テナー]

AFRO BLUE IMPRESSIONS ジョン・コルトレーン

afro blue impressions.jpg

 今年も本日をもちまして、無事に仕事を納めることが出来ました。ご贔屓にして下さった皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。皆様のおかげで、良い正月を迎えられそうです。2度目の徳島での正月。思う存分に寝ます。美味しい寒ブリを食べて、いつもより高級な焼酎を飲んで、そしてまた寝ます。少しばかり疲れもたまっているので本腰を入れて眠りたいなーって思ってます。そんなに眠れるんだと思うと今からワクワクが止まりません。ワクワクし過ぎて眠れなくなったらどうしよう。
 
 年始は1月3日(土)より営業いたします。少々メニューが少ないかもしれませんが、激辛のチキンカレーはたっぷりご用意できるはずです。おせちアフターのバーモントカレーに飽きたら、ぜひ当店のカレーを食べにきて下さいね。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 それにしても、お店同様このくだらんブログにもたくさんの方にお付き合い頂いて、大変嬉しく思っています。最近の文章の長尺化は明らかにコルトレーンを意識しています。自分の限界までブリブリぶりぶりと書きなぐってみようと思ったのです。そしたら、新しい自分の(店の)何かが見えるかなーと思って書きまくっているのです。もしかしたら、「至上の愛」を手に入れられるんじゃないかと思って頑張っているのです。

 す、すみません、疲れすぎていつもに増してくだらんことしか書けません。明日は店の大掃除をしますが、取りあえず今日のところはセブンイレブンに寄って、牛カルビ弁当を買って帰ろうと思います。野菜も食べます。ご飯はちゃんと1/3は残します。色々気にしながら新年を迎える準備をしたいと思ってます。そんな年齢になりました。

 
 皆様、本年も本当にご愛顧頂きましてありがとうございました。来年も皆様の寛ぎの場所となれるよう精進して参ります。正月の徳島はめちゃくくちゃ寒いそうです。皆様も風邪など引かぬようご自愛下さいませ。良いお年をお迎え下さい!!

 では、また来年。



 cafe boosan 神山弘靖

寝袋を買いました。 [昔のジャズ・テナー]

STAN GETZ AND THE COOL SOUNDS スタン・ゲッツ

the cool sounds.jpg


うちの店は平日は夕方に1時間くらいの休憩時間を頂いていて、
そこでよく仮眠をとるのだけど、この時期は結構冷えるので寝袋を買うことにした。
さて、どうやって手に入れようかと考えたら真っ先にホームセンターが頭に浮かんだ。
でも、そんなに近場にあるわけでないし、動けるのは定休日の火曜日だけなので
すぐには手に入りそうもない。
と考えていたらやはり「Amazon!」と思った。
寝袋の「ねぶ・・」まで入力したら寝袋一覧がずらーっと出てきた。

「わ!すげー、こんなにあるんかー」


しかも、結構安い。
品質が特に良さそうなものもあるけど一番安いものだと1000円前後くらい。
寝袋って元来そのくらいのものなのでしょうか?
よく見ると60〜70%オフといった表示になっていて、
視覚的には超激安に映る。
そもそも店で仮眠をとるだけなので高級な羽毛なんて必要ないし、
全くその内容にこだわりがないので、
「ま、いっか」ということでAmazonのサイトを開いて3分以内くらいに
購入手続きを済ませた。

翌日早速届いた。
思った通りのボリューム感の寝袋。色は当たり障りのないネイビー。
早速うちの奥さんがそれを使って横になってみる。
温かいそうです。
良かった。
殆ど考えることもなく、かなりスピーディーに、
休憩中の寒さを凌ぐという目標を達成した。
めでたし、めでたし。


うーん。


そりゃとてもありがたい話なのだけど、
なんだろな、この違和感は。


先ずは寝袋の値段。
もちろんボクらのような超がつく零細の自営業者にとっては
無駄な経費ほど悪なものはないので、
できればどうでも良いものにはお金を使いたくない。
今回の寝袋は比較的「どうでもよいもの」に分類されるので
1000円そこそこという値段はとても嬉しい。

でも、これってホントに1000円なのですか?

なんで60〜70%オフってなっているのだろう。
在庫処分とかなら分かるけど、口コミなどを見ている限り
長いことその割引額で売られている様子だ。
最初から1000円前後の価値の品なのでは?と勘ぐってしまう。
もちろん1000円なら凄く嬉しいだけなのだが、仮に4000円と言われても
「まー、そーかなー」と思ってしまう内容のものだ。
品質には大変満足している。ただ、「1000円の寝袋」という事実に関して、
寝袋のイメージからかけ離れすぎていて、どこか腑に落ちないだけだ。
寝袋=布団の一種、という感覚があるから1000円って言われるとビックリしてしまう。
900円もするうちのキーマカレーの立場は・・・(汗)


あと、購入ボタンを押した後がめちゃくちゃ早い。早すぎる。
翌日手元に届くなんて本当にありがたい。
Amazonさんの企業努力の賜物以外のなにものでもないのだけれど、
ボタン一つで何人の人に「ボクが寝袋を買う」ことが伝わっているのかを
想像するとちょっと怖くなる。
多分、「徳島のカミヤマっていうのが寝袋を一個送れー、って言ってきたぞー」
という情報がコンピューターを通じて関係する全ての人に瞬間的に伝わっているのである。
ボクは出来れば休憩時間に仮眠をとるための寝袋なんて、
誰にも知られずにこっそり買ってしまいたいのだけど、そうはいかないのだろう。
向こうだって出来るだけ早く正確に届ける為に緻密なオペレーションを組んでいるのである。
文句なんて言ってはいけない。

でも、なかなかこのスピードに実感的についていくのは難しい。
何もしてないのにもう手元に寝袋がある。
支払いだってクレジットカードだからお金を触った感覚すらない。
そう、色んな感覚が消されてしまっているのだ。

なんとなくこれでいいんだろか、と思ってしまうが、
今週中にAmazonにポチッとしなければならない用事がまだ数件ある。
今は地方に住んでいることもあって以前以上にかなり重宝しているのだけどね。
ただ、正直なところ今後この寝袋を大事にできるかどうかあまり自信がない。
金額の高い安いの前に、購入した実感がないから所有した実感もないわけなのだ。
所有感の薄いものを大事にするのはなかなか難儀な気がする。
こういうものが店に溢れだすと困るな・・・


まあ、そんなこと言いながら自分が一番大事だと思っている
ギターやスピーカー、アンプも実はネットで買った。
最近お店できちんと買ったものは野菜や乾物なんかの食品と
無印の高保湿ローション(乾燥肌なのだ)だけだな・・・。


モノの価値とそれを手に入れるまでのプロセスが
ボクの子供の頃とはビックリするくらい変化している。
その変化についていけてない部分を最近感じるようになってきたのは、
おじさんになってきた証か(笑)


結構今って大変な時代だなーって、寝袋買ったくらいのことで思ってしまったのでした。


boosan


追:このアルバムはその昼寝のお供。
小さな音でCDプレーヤーをリピートにしてかけとくとよく眠れるのです(笑)





ジャズ喫茶みたく。 [昔のジャズ・テナー]

STAN GETZ IN STOCKHOLM スタン・ゲッツ

STANGETZINSTOCKHOLM.jpg

最近はお客さんから「ジャズ喫茶みたいだな」と
お褒めの言葉を頂くことがある(笑)
そう、割とジャズを積極的に聴いている。
珍しく(笑)
半年くらい一部のお気に入りを除いて全然かけてなかったからなー。
「ごくたまにジャズがかかるカレー屋」って、誰かが言ってくれていたけど、
確かにその通りだなと思った。
開業当初は「しょちゅうジャズがかかっている喫茶店」のつもりだったのだけどね。


お店では極力聴き心地の良いジャズを選んでかけているつもりです。
元々難解なフリージャズや超絶なテクニックがウリの音楽には
腰が引けてしまうところがあって、
性格的に「隙あらばのんびりしたい」性分のせいか、
ついついまろ〜い音楽を優先する傾向があるのです。
ジャズでいえばウエスト・コーストや女性ボーカル、ピアノトリオあたりが
やはり良いなーと思ってしまう。
いわゆる軟弱系。気持ち良いではないか。
ハードバップの熱いアッパー演奏ももちろん好きだけれども、
いつもいつもでは疲れてしまうし、昼間は極力穏やかな方がいい。
穏やかな音楽は気分も穏やかになる。


最近はこのスタン・ゲッツのレコードを頻繁に聴いている。
その名の通りゲッツがスウェーデンに出向いて
現地のミュージシャンとセッションした内容のものだけど、
実にリラックスした演奏がかっこいー。
ゲッツの音楽はボサノヴァをやったときもそうだけど、
いくらほんわりふんわりリラックスした音を出してても、どこかキリッと凛々しくて、
退屈だな、なんていう印象は一切ない。
むしろその力強い流麗なメロディの引力に
レコードの頭から針が中央のラベルに届くまで、終止身体ごと吸い寄せられてしまう。
そこがゲッツの凄いところだよなー。
人間的にはかなり問題のあった人のようだけど、
その音楽はどのレコードを聴いても素晴らしいのだから分からないもんだ。


ほぼ毎日、営業途中にご近所のMフードショップに
日々の材料用の野菜を買いにいくのだけど、
帰って来て、店の扉を開けて聴こえてきた音楽がこのレコードだったとき、
「わー、いい店だなー」って思った(笑)

ジャズはいいですね。

もうちょっと、ジャズをかけてみようと思います(笑)



boosan










ゲッツさん、ありがとう。 [昔のジャズ・テナー]

SERENITY スタン・ゲッツ

serenity.jpg


今日は1日酷い雨。
徳島は梅雨に入っても全然雨が降らなかったから、
恵みの雨なのかもしれないけど、
やっぱり雨だと何となく楽しくないな(笑)


普段はまだ寝ている時間に頑張って起きて(遅っ)見たサッカーの代表の試合も、
あそこまでやったならやっぱり勝って欲しかった。
う〜ん、何となく楽しくないな(笑)


今日はお客さんもかなり少ない。
うーーーーーん、どうしようもなく楽しくないな(笑)



ま、こういう日もあるか。



でも、ゲッツのテナーは今日も楽しい。
いつだって楽しい。


ジャズはこれだからやめられん(笑)



boosan



何かめちゃくちゃ良いぞ。 [昔のジャズ・テナー]

■A Slice Of The Top ハンク・モブレー


image-20130411201214.png


何てしょうもない
ジャケットなんでしょう(笑)。

このジャケットのせいで
中古レコ屋で何回無視したことか。


ヤバい、モブレーの中で1番かも(笑)


今回再発CDの安さに負けて、
ついポチっとクリックしてしまいましたが、
買って良かった!

オクテットだけど全然重くないし、
頭から尻尾までスイングしまくり。
そして何より曲が良い。
ハーモニー抜群。


やっぱりね、音楽はね、曲なんだよ。
演奏の善し悪しは良い曲あっての話なんだよな。

♯3のCute 'n Prettyを聴かんといかんよ。


名盤っす!



boosan






ダメだなー。 [昔のジャズ・テナー]

SAXOPHONE COLOSSUS ソニー・ロリンズ


saxophone colossus.jpg


このブログを始めてそろそろ300回目を迎えようとしていますが、
こんな大名盤をほったらかしにしてました。
すみません(笑)。


だって、、、


あんま、おもろくないんだよなー><


ロリンズのテナーは元々大好きだし、
50年代のハードバップはどれも基本ストライクなのですが、
どうしてもしっくりこない。

なんか、リズムがイモ臭くないですか?

もちろんロリンズのテナーはどのアルバムよりすんげーし、
トミフラだって最高。

要はね、マックス・ローチがダメなんです。
演奏の出来云々ではなく、そもそも僕とは相性が悪い><
あの直線的で「タテ」な感じ。
どうしてもダメなんです><;

このアルバムをエルヴィンやフィリーが叩いていたらなー、っていつも思う。
ドラムって結構全体の印象を支配するので、
ドラムがダメだと(好きになれないと)全部ダメになってしまう。


そんなこんなで、相性が悪い「歴史的名盤」って多い気がします。
モンクの「ブリリアント・コーナー」とかね。



まあ、いっか、
無理して聴いてもね。


すみません、生意気を言ってしまいました^^;




カミヤマ












ズートのように。 [昔のジャズ・テナー]

DOWN HOME ズート・シムズ

DOWN HOME.jpg

徳島に来てからというものの出会う人出会う人、
何だか凄くご自身の世界感を持ってらして、
僕なんかがアレコレいうような筋合いが全くないような状況なのです。

ましてや今回の僕の店。
ジャズ喫茶なんていうのが恥ずかしい(くなってきた)・・・。

でも、仕方ない。
ここまで来たら、開き直って好きな世界を切り開くしかない。


ズートだって自分の世界を最後まで曲げなかった。
いつも一緒。良い意味で。


ズートのいつも通りの傑作。
これを聴けばジャズがどれだけ楽しいか分かるっちゅうもんです。



ズートのような味わいある店にしたいなー。




カミヤマ


音が良い。 [昔のジャズ・テナー]

BOBBY JASPAR QUINTET ボビー・ジャスパー

BOBBY JASPAR QUINTET.jpg

原盤は超がつく幻盤だそうだ。
それの復刻。

このCD、やけに音が良いです。
噂には聞いていたけど、実際聴いてみてホントにビックリです。
テナーが理想の音で鳴ってる・・・。
「すすす・・・」。
「ぶぶぶ・・・」。


僕はボビー・ジャスパーに関してはあまり強い思い入れはない。
むしろその中庸な音楽性が故に、ほとんど感心を持っていなかったのだけど、
こんな盤があるなら話は別です。
(それまで持っていたアルバムはどれも悪くはないけど、
インパクトないなー、っていうのが本音でした)


他のレコードやCDの後にこの盤をかけると、
「ぐぐーっ」と部屋の空気が引き締まるってもんです。


ジャズは演奏3割、曲3割、そんで、音質3割、と僕は思ってます。
残りの1割はジャケを含むその盤自体の佇まい。
どれかに偏ってもダメ。


全部揃った名盤です。


やはり世間の評はダテじゃないんだなー。



カミヤマ




音楽(ジャズ) ブログランキングへ


冬もそこまで。 [昔のジャズ・テナー]

NIGHT DREAMER ウエイン・ショーター


night dreamer wayne shorter.jpg



今日は西荻窪の「AFTER GROW」で一杯飲んでかえってきました。
一人だったので、マスターと少しだけジャズ談義。
ハンク・モブレーのテナーを大きな音で堪能しましたよ。

帰りは千鳥足で5キロ以上ある道程を歩いて帰ってきました。
健康のため。


iPhoneの中身はウエイン・ショーター。
冷たい風が気持ち良い金曜の夜の散歩。


もう冬もそこまで、ですね。





カミヤマ





音楽(ジャズ) ブログランキングへ

てくてく。 [昔のジャズ・テナー]

GO デクスター・ゴードン

go dexter gordon.jpg

今日はいい天気だなー。
朝から洗濯をしながらコーヒーを淹れて、
デクスターをやや大きめの音で聴く。
うん、気持ちいいー。

天気が良いから、そろそろ出かけよう。
最近は時間のある時は歩いたり、時には走ったり、
身体を動かすことにはまってます。
おかげで今夏ダイエットに成功。
マイナス6キロ。
10年前の体重に戻った。
だから余計に身体を動かすのが楽しい。
そして、嬉しい。


アルバムタイトルを真に受けて、ということでもないですが、
iPhoneでこのアルバムを聴きながら近所の散策。
家の近所はイチョウの木がたくさんあるので、
銀杏がゴロゴロ転がっている(ちょっと臭い)。
そんな画を横目に見ながらてくてく、てくてく。


良い週末ですなー。




カミヤマ




音楽(ジャズ) ブログランキングへ








前の10件 | - 昔のジャズ・テナー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。