So-net無料ブログ作成

毎日寒いですね〜。 [カントリー/ルーツミュージック]

■Maria Muldaur マリア・マルダー

maria muldaur.jpg

 それにしても毎日寒いですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?これだけ寒いと夜は出かけるの億劫ですよね。街は大変静かであります・・・。店も静かであります・・・(笑)

 冬らしいといえば冬らしいですがやっぱり寒いのはちょっとしんどいですね。徳島市内でも先日雪が降ったばかり。なんとなく気持ちも縮こまるし、あったかい風呂にでも入ってゆっくりしたいすね。僕も早めに帰って風呂上がりにガリガリ君がじりながらのんびりします。

 さて、明日は、今のところタルトタタンをお出しできそうです。りんごの在庫が最後になってきましたので(断続的なご提供で)今月いっぱいが目安です。もしよかったら食べてみてください。2月は初登場、「フォンダン・ショコラ」。あったかとろりのチョコレートにバニラアイスクリームです。今日は少しだけ用意しましたがおかげさまで完売です。ラム酒が効いてます。僕にとってのヴァレンタインはもはや「たまにはチョコレート食おうぜ」、なイベントです。

 今、ちょっとでも温かさを求めてマリア・マルダーなんぞ聴いてますが、やはりいいですね。気持ちが少し緩みます。先日東京への弾丸出張を終えたばかりなので(古い友人の会社のオフィス移転お披露目パーティ。出張カレー。とてもかっこいいオフィスでした!)、なんとなくひと段落な気分です。ゆるゆるな音楽が気分です。

 週末は更に寒いみたいですが、もし「寒いの割と平気」という方は熱いコーヒーとスイーツでもつつきにぜひお越しくださいませ。ゆるめの音楽でのんびりしましょう。


 では、では。


boosan

処女航海。 [昔のジャズ・ピアノ]

■Maiden Voyage ハービー・ハンコック

maiden voyage.jpg

 今年に入って2回目のブログ更新です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今日は関西地方は(多分)各所「えべっさん」ですね。これってどう発音するのが正しいのでしょう。えびすさん?えべすさん?えべっさん・・・。何となく皆さんの口元に合わせて「えべっさん」と言うことにしてます。とにもかくにも商売繁盛の神様。僕も今日はお参りしてきました。今年も1年無事に店が潰れずにすみますように。本当に心の底からお願い致します。

 さて、今日はその「えべっさん」のせいか、昼はその行き帰り(と思われる)のお客様でとても忙しくさせて頂きました。逆に夜はその反動かほぼ無人島。僕がえべっさんに行ったあとはお客様は3組。そのうちお二人はご常連。お参り早々、商売の厳しさを痛感。一度のお参りくらいでは神様もなかなか手加減はしてくれません。
 
 仕方がないので、いつものようにカウンターの中に折りたたみ椅子を置いてレコード聴きながらちんまりするのですが、最近夜の暇な時間にこの「処女航海」を聴いてます。なんだか日本語タイトルだと仰々しく聞こえますが、実際仰々しい音楽ですね。なんせ「処女航海」を音楽にしているのですから。男女の恋だの愛だの、がシンプルとは言いませんが、「処女航海」するにはもっと色々複雑だろうな。航海中、天候やら燃料の補充やら実際面の問題がいっぱいだろうし、もう冷凍食品には飽きた、なんていう船員の小さな哀愁もあるだろうし。やっと目的地が見えた折には、長い船旅が故の男女のメロドラマだってきっと生れてるよなー。普通のポップソングよりはイメージしないといけないことがたくさんありそう。まあ、つまるところはちょっと仰々しい(笑)
(それにしても、海に出ることが初めてなことってどうして女性型の名詞なんだろか)

 いわゆるコンセプト・アルバムというやつで、タイトルの通り、海を渡る風景のようなものが想像されるような音楽なのですが、改めて聴くとよくできたアルバムだなーって思ってしまいます。演奏自体は熱い力の入ったものですが、印象はいたってクール。本当に海にいるみたい。クール。こういうのモードジャズっていうのだっけか。前衛的ほど聴きづらくないし、古典的よりオサレ。音楽理論は全く分かりませんがこれがモードなんだな、っていうのは判ります。要は雰囲気ね。いい感じのやや小難し目の雰囲気。

 夜、こういうジャズの名盤を聴くのもたまにはいいですね。ジャズ喫茶みたい(笑)


 とりとめのない内容ですが、最近はこういうジャズもたまにかかってますので、「そんなんもええよなー」っていう方は、この連休中ぜひお立ち寄りください。新しいコーヒーのクロップも入荷してます。エチオピアが美味しかった。ストロベリーみたいな香り。おすすめです。

 ではでは、今日も1日ありがとうございました。



boosan

明けましておめでとうございます。 [フォーク/ソフトロック]

■Europe `72 グレイトフル・デッド

dead Europe`72.jpg

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 今年は2日より営業いたしましたが、想像以上にたくさんのお客様にご来店いただき感謝でいっぱいであります。米やら玉ねぎやらコーヒーやら発注の予測を大幅に間違えまして、一部のお客様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。米びつの米が尽きる瞬間って何かこう、猛烈な心許なさというか独特の悲しさがありますね。これじゃ(文字通り)食えないやんか。。。どんなことがあっても米だけは切らしてはならぬ。新年一番に誓ったことでございました。
 
 おかげさまで腰と背中がギスギスで、おまけに疲れのせいかブリの食べ過ぎか(ほんと徳島の寒ブリはうまいすねー)口内炎が炎上してます。えらいことです。いたたた。明日の定休日は直ちに身体のメンテナンスに専念し、夜にはアルコールと脂質&糖分で出来たガソリンを注入します。口内炎を24時間以内に治す方法、誰か教えて下さい。

 僕の年始年末はデッドでしめてデッドで明けました。デッドのライブ盤はレコードでなくてCDがいいです。ずっとかけっぱなしにできるから。うだうだするもよし、酒を飲むもよし、カレーを作るもよし。気の向いた部分だけ自分のギターとセッションして飽きたらやめる。それでもデッドの演奏は延々と永遠に続くのであります。いい時間です。本当にいいアルバムです。

 3月には丸3周年を迎えるcafe boosanでございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。



boosan

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。